[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「あの悲惨な試合が頭をよぎったの」 大坂なおみが“解説”するアザレンカの底力

「30-30まで盛り返されて、ちょっとパニックになったの」

 その作戦は成功し、第2セットの終わり際にアザレンカの疲れを感じたところで、一気に「アクセルを踏んだの」と話す。第2セットを7-5で奪うと、第3セットは第4ゲームと第6ゲームをブレーク。5-1でサービング・フォー・ザ・マッチを迎えた。一気に勝負を決めにかかったところで、大坂は元女王のしぶとさを味わうことになる。試合後、その時の様子をなおみ節を交えながら、こう“解説”した。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 11月6日オープン、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」とは

「5-1から(第7ゲームは)30-0で私がリードしたでしょ。その場面で彼女は勝負を諦めたと思ったの。雰囲気がちょっと変わったから。私のサービスエースが決まりだした事実を受け入れているように見えたの。だから『ここでエースを打ったら早く試合を終わらせられる』って、今度は自分で考え過ぎちゃった。そしたら、30-30まで盛り返されて、ちょっとパニックになったの。ビカが『あら、あの子いっぱいいっぱいの状態ね。反撃して叩きつぶすわ』って言っている風に見えて(苦笑)、結局、そのゲームを落としちゃった。

 その時に何が頭をよぎったかっていうと、全米オープンのこと。(2016年に逆転負けした)キーズ戦。あの悲惨な試合よ。『ちょっと、またあんな試合になっちゃうの? ホント?』って考え始めたら、必死に取りにいったビカのサービスゲームをブレークできなくて『あぁ……』って落ち込んで(笑)。でも、彼女も素晴らしいプランを立てていたけど、私のサーブが調子を戻したので、おかげで勝てたわ」

 最初から最後まで苦しみながらも、「最盛期の彼女と試合がしたい」とリスペクトするアザレンカを破ったこの一戦で、大坂の経験値は何倍にも膨れあがったに違いない。

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集