[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

育成のプロから大学サッカー部へ 名トレーナーが説く見習うべき2人のトップ選手は?

昨年総理大臣杯を制覇した明治大学サッカー部は16日と17日の2日間、静岡県清水でシーズンインキャンプを行った。今回の強化合宿にはスペシャルゲストとして、プロトレーナーの木場克己氏が招聘された。数々のトップアスリートも師事する名トレーナーは、サッカー選手の成長の媒介として2人の名手の名前を挙げた。

明治大学サッカー部は静岡県清水市でトレーニングキャンプを行った【写真提供:KOBAスポーツエンターテイメント】
明治大学サッカー部は静岡県清水市でトレーニングキャンプを行った【写真提供:KOBAスポーツエンターテイメント】

明大サッカー部のキャンプで指導、木場氏が名指しした大学生が見習うべき2人

 昨年総理大臣杯を制覇した明治大学サッカー部は16日と17日の2日間、静岡県清水でシーズンインキャンプを行なった。今回の強化合宿にはスペシャルゲストとして、プロトレーナーの木場克己氏が招聘された。数々のトップアスリートも師事する名トレーナーは、サッカー選手の成長の媒介として2人の名手の名前を挙げた。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

「明大サッカー部の指導は2016年に八丈島での早稲田大学との合同合宿以来です。初日は座学でサッカーにおける体幹・バランスの重要性と使い方を解説しました。そこではまず、鹿島アントラーズの安部裕葵選手を具体例として挙げました」

 こう語った木場克己氏は体幹、体軸、バランスを強化する「Koba式体幹・バランストレーニング」の開発者で、競泳のリオ五輪代表・池江璃花子(ルネサンス亀戸)らトップアスリートを指導。日本郵政女子陸上部もアドバイザーとして指導し、2016年に創部3年目で全日本実業団女子対抗駅伝(クイーンズ駅伝)優勝に導いたスペシャリストだ。

 トップアスリートのみならず、U-20日本代表FW久保建英(FC東京)やレアル・マドリードの下部組織に所属する中井卓大ら育成年代のエリートの指導にも実績を持つ。

 東京五輪代表のエース候補に期待される20歳の安部は瀬戸内高校出身。同校サッカー部で木場氏がアドバイザーを務めていた経緯から高校卒業後も、都内の木場氏のジムで自主トレに励んでいる。

「安部選手は高校1年生の時から体幹トレーニングをしている。鹿島に入団してからも継続しています。彼は大学なら2年生の年代。明大サッカー部の選手とはまさに同世代。高校時代から継続していたトレーニングと努力の影響で、線は細く見えるかもしれないけれど、強さがあります。今や怪我をしないカラダになりました。免許がない時期は鹿島からバスに乗って、自主トレに来ていました。トップを狙う選手も見えない努力を大切にしているのです」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集