[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

浦和は美しく紳士的な勝者だったか 済州戦の乱闘騒ぎで思い起こすクラマー氏の言葉

勝者にとっての痛快事は、敗者にとって究極の屈辱

 隣国のライバルを相手に劇的な逆転ゴールを挙げ、鮮やかな勝利を飾る。それはホームチームには痛快事だが、立場を変え対戦相手にとってみれば究極の屈辱だ。 

 もちろん、それを暴力で晴らそうとする行為は、全くの論外だ。しかし勝者が、わざわざそうした切歯扼腕(やくわん)の状態にある相手ベンチ前で、雄叫びを上げれば、済州に限らずブレーキをかけるチームの方が少ないだろう。

 浦和は日本を代表する人気クラブだ。世間は、浦和というJリーグの象徴的存在を通してサッカー界を見ることもある。今、多くの父兄の方々は、サッカーが子供を大人に、大人を紳士にしてくれるスポーツだと実感してくれているだろうか。

【了】

加部究●文 text by Kiwamu Kabeジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

1 2 3

加部 究

1958年生まれ。大学卒業後、スポーツ新聞社に勤めるが86年メキシコW杯を観戦するために3年で退社。その後フリーランスのスポーツライターに転身し、W杯は7回現地取材した。育成年代にも造詣が深く、多くの指導者と親交が深い。指導者、選手ら約150人にロングインタビューを実施。長男は元Jリーガーの加部未蘭。最近東京五輪からプラチナ世代まで約半世紀の歴史群像劇49編を収めた『日本サッカー戦記~青銅の時代から新世紀へ』(カンゼン)を上梓。『サッカー通訳戦記』『それでも「美談」になる高校サッカーの非常識』(ともにカンゼン)、『大和魂のモダンサッカー』『サッカー移民』(ともに双葉社)、『祝祭』(小学館文庫)など著書多数。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集