[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

高橋大輔復活の裏で浮上した「第3の男」問題 32歳の背中は“若手の刺激剤”になるか

2018年12月に行われたフィギュアスケートの全日本選手権は、競技会へのカムバック後3試合目だったバンクーバー五輪銅メダリストの高橋大輔で始まり、高橋大輔で終わったと言っても過言ではないほど、見る者を魅了するスケーターの存在感を見せつけた大会だった。同年7月に現役復帰を発表してから半年後の全日本選手権に引退以来5年ぶりの出場を果たした高橋がどれだけの演技を披露するのか。高橋ファンもさることながら、国内外のスケート関係者たちも大きな関心を持って注目していた。

全日本選手権で2位に入り改めて存在感を見せつけた高橋大輔【写真:Getty Images】
全日本選手権で2位に入り改めて存在感を見せつけた高橋大輔【写真:Getty Images】

全日本復活2位も世界選手権は辞退、交錯した自分への期待と若手への思い

 2018年12月に行われたフィギュアスケートの全日本選手権は、競技会へのカムバック後3試合目だったバンクーバー五輪銅メダリストの高橋大輔で始まり、高橋大輔で終わったと言っても過言ではないほど、見る者を魅了するスケーターの存在感を見せつけた大会だった。同年7月に現役復帰を発表してから半年後の全日本選手権に引退以来5年ぶりの出場を果たした高橋がどれだけの演技を披露するのか。高橋ファンもさることながら、国内外のスケート関係者たちも大きな関心を持って注目していた。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 高橋はショートプログラム(SP)で「The Sheltering Sky」をほぼノーミス演技でまとめて88.52点で2位発進だった。本来であれば4回転を跳ばない高橋を、「第3の男」候補に挙げられる平昌五輪代表の田中刑事と昨季の世界選手権総合5位の友野一希が4回転ジャンプをしっかり跳んで上回らなければならないはずだが、2人とも武器の4回転サルコーをミスが許されないSPで失敗して得点が伸びずに出遅れた。この時点ですでに、4年のブランクがある32歳のベテラン選手と比べて、10歳前後も若い「現役バリバリ」選手たちの不甲斐なさが露呈したと言えるだろう。

 そして迎えたフリー。宇野に続く表彰台に立てば、5年ぶりとなる世界選手権代表の座を射止めるかもしれない期待感が膨らんだ。なぜ、そう思えたのか。それは、独特な振り付けで選手の特性を引き出す手腕を持つ振付師ブノワ・リショー氏が作った「Pale Green Ghosts」という素晴らしいプログラムを、高橋が見事に滑りこなしつつあり、現役時代に一世を風靡した「世界一のステップ」に勝るとも劣らないくらいの素敵なステップシークエンスとコレオシークエンスを滑っていたからだ。これほどの質の高いステップを踏んでいる若手選手は、残念ながら宇野を除くと誰もいないと言っても言いすぎではないだろう。

 そんな演技をした上で、4回転トーループ1本を跳ぶことを6分間練習で決めて挑んでみせた。本人曰く、「勝っても負けてもすっきりするはず」と勝負を度外視したチャレンジだった。結果は4回転が3回転になり、極度の緊張感から徐々に体力が奪われ、プログラム後半のジャンプでミスを連発。基礎点も出来栄え点(GOE)もマイナスがついてフリーは4位に終わった。それでも、高橋と「第3の男」を争った選手たちも振るわなかったことから、合計点での勝負では239.62点で総合2位の高橋に対し、田中は236.45点で総合3位、友野は227.46点で総合4位に留まった。

 高橋はメダリスト会見でこう大会を振り返った。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集