[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なぜ錦織は4年半ぶりにフェデラーに勝てたのか 専門家が指摘する2つの勝因とは?

男子テニスのツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」(英ロンドン)は11日(日本時間12日)、予選リーグ初戦が行われ、世界ランク9位の錦織圭(日清食品)が同3位のロジャー・フェデラー(スイス)を7-6、6-3のストレートで破り、好発進を決めた。これまで対戦成績は2勝7敗で、今年も2戦2敗と苦しめられてきたフェデラー相手に、錦織はなぜ勝つことができたのか? プロテニス選手の綿貫敬介(明治安田生命)は「対応力」と「集中力」を2つの勝因として分析している。

4年半ぶりにフェデラーに勝利した錦織圭【写真:Getty Images】
4年半ぶりにフェデラーに勝利した錦織圭【写真:Getty Images】

4年半ぶり勝利の要因を専門家に聞く

 男子テニスのツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」(英ロンドン)は11日(日本時間12日)、予選リーグ初戦が行われ、世界ランク9位の錦織圭(日清食品)が同3位のロジャー・フェデラー(スイス)を7-6、6-3のストレートで破り、好発進を決めた。これまで対戦成績は2勝7敗で、今年も2戦2敗と苦しめられてきたフェデラー相手に、錦織はなぜ勝つことができたのか? プロテニス選手の綿貫敬介(明治安田生命)は「対応力」と「集中力」を2つの勝因として分析している。

「今回はフェデラー選手にらしさがありませんでした。ここまでストレスを感じながらプレーする姿は滅多に見られません。かなりの不調だったと思います。おそらく今回のインドアハードのサーフェスに完全にマッチしていなかったのか、明らかにショットの精度が低かった。ミスも多かった印象があります。錦織選手はそんなフェデラー選手に対して、素晴らしい対応力を示しました」

 実弟でプロテニスプレイヤーの陽介(日清食品)のコーチも兼任する綿貫はこう語った。いつもの華麗かつ、完璧なプレーが影を潜めたフェデラーに対して、ロンドンのO2アリーナのインドアハードでの錦織の対応力が輝いたという。

「錦織選手は本調子ではないフェデラー選手に対して、サーブアンドボレーを多用しました。フェデラー選手のここまでの不調は予想できなかったと思うので、試合前のゲームプランではなかったでしょう。さすがの対応力です。特にファーストセットの終盤にネットに出る頻度を高めましたが、フェデラー選手にストローク戦のリズムを掴ませませんでした。サーブアンドボレーも、バックハンドにサーブを打ちネットを取る場面が多かった。ボディサーブのコンビネーションも要所で光った印象があります」

1 2

綿貫 敬介

 明治安田生命所属 世界ATPランキング1525位(2017年9月時点)。

 埼玉県春日部市のグローバル・プロ・テニス・アカデミーの常任コーチを務めながら、世界ジュニアランキング2位の弟・陽介のツアーコーチも兼務。ジュニア時代には世界ランク5位のミロシュ・ラオニッチ(カナダ)ら実力者と対戦した経歴を持つ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集