[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なぜ、DeNAラミレス監督はミスを責めないのか 若い才能を育てる「言葉学」

現役時代、明るいキャラクターから「ラミちゃん」の愛称で親しまれ、外国人史上初のNPB2000本安打を達成した名打者は昨季、初めて監督に就任。戦前の予想を覆して3位に入り、1年目からCS進出という快挙を演じた手腕は、大きなインパクトを与えた。若いチームに躍進を呼んだ一つの要因は、ラミレス監督の「後ろを向かない『言葉学』」である。

就任1年目でCS初進出、後ろを向かないラミレス監督の思考のワケ

 3月31日に開幕したプロ野球。その中でセ・リーグの台風の目として期待されているのが、DeNAだ。昨季、上位3チームに与えられるクライマックスシリーズ(CS)に球団創設5年目にして初進出。侍ジャパンで4番を務めた25歳の主将・筒香嘉智外野手を中心とした若いチームは今季、19年ぶりのリーグ優勝が期待されている。指揮を執るのは、アレックス・ラミレス監督だ。

 現役時代、明るいキャラクターから「ラミちゃん」の愛称で親しまれ、外国人史上初のNPB2000本安打を達成した名打者は昨季、初めて監督に就任。戦前の予想を覆して3位に入り、1年目からCS進出という快挙を演じた手腕は、大きなインパクトを与えた。

 若いチームに躍進を呼んだ一つの要因は、ラミレス監督の「後ろを向かない『言葉学』」である。

 指揮官が発する言葉は、ことごとく前向きだった。負けても、試合後の最後は「Tomorrow is another day(明日は明日の風が吹く)」と締めくくり、前日負けた試合を振り返っても「Today is a new day(今日は新しい一日だ)」と呪文のようにポジティブな言葉を口にする。努めて後ろを向かず、決して悪い流れを引きずろうとしない。

 なぜ、ポジティブな言葉にこだわるのか。ベネズエラ出身らしいラテンのノリも一つにあるが、それ以上にラミレス監督がこだわっていたのは「選手の若さ」にある。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
カラダを動かす、すべての人のバストを救え。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
TORCH
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集