[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 【パンパシ水泳】17歳の女子高生スイマーが語る夢とは? 酒井夏海「競泳界に何か一つでも残したい」

【パンパシ水泳】17歳の女子高生スイマーが語る夢とは? 酒井夏海「競泳界に何か一つでも残したい」

8月9日に開幕するパンパシ水泳(4日間・東京、テレビ朝日系列で中継)の注目選手22人を毎日紹介する「THE ANSWER」の「パンパシ水泳カウントダウン連載」。開幕まであと11日の第11回は女子背泳ぎの酒井夏海(スウィン南越谷SS)。今大会最年少17歳の女子高生スイマーは同年代の池江璃花子(ルネサンス亀戸)らの姿を励みに、初のパンパシ水泳、そして将来へ向けての壮大な野望を語った。

女子背泳ぎの酒井夏海【写真提供:テレビ朝日】
女子背泳ぎの酒井夏海【写真提供:テレビ朝日】

 8月9日に開幕するパンパシ水泳(4日間・東京、テレビ朝日系列で中継)の注目選手22人を毎日紹介する「THE ANSWER」の「パンパシ水泳カウントダウン連載」。開幕まであと11日の第11回は女子背泳ぎの酒井夏海(スウィン南越谷SS)。今大会最年少17歳の女子高生スイマーは同年代の池江璃花子(ルネサンス亀戸)らの姿を励みに、初のパンパシ水泳、そして将来へ向けての壮大な野望を語った。

 ◇ ◇ ◇

 日本選手中最年少の15歳で出場したリオ五輪から2年。酒井は再び世界を相手にする舞台に帰ってきた。4月の日本選手権では100m背泳ぎでは小西杏奈(中京大学)に後れを取ったが、200mではその鬱憤を晴らすように、2分08秒28の日本高校新記録で優勝を成し遂げ、2年ぶりの代表復帰を決めた。

「最初の100では負けてしまったので、あんまり(代表入りを)決めたという感覚がなくて、200でようやく代表に入れたなという感覚はありました。(200のタイムは)何も考えずに突っ込んだのが良かったのかなと思います」

 リオ五輪では最年少歳で代表入りして、注目を集めたが、昨年は日の丸から遠ざかった。苦しみながらの代表復帰。酒井は何を思いながら、この1年間どのように過ごしてきたのだろうか。

「昨年はケガも重なりましたが、ただ頑張りが足りなかっただけという思いもすごくありました。今年はとりあえず必死に頑張ろうと思って、頑張って、頑張って出た結果。でも何か特別な努力したというわけでもないと思うので、まだまだこれから伸びしろがあるかなと思っています」

 175センチの恵まれた体格を誇る酒井。今季はまた成長した泳ぎを披露したが、苦しんだ時期に糧にしていたのは同年代の存在だった。

「昨年の世界水泳とかをテレビで見ていて、やっぱ同世代の今井月ちゃんや(池江)璃花子ちゃんとかが活躍している中で、すごく情けないなと思ってました。でも同じ人間だし、できないことはないのかなとも思って、常に頭の中で代表に入るという気持ちはあったので、それで踏ん張れてきたのかなと思います」

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー