[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

府中で1年間威張れるか ラグビー元日本代表・廣瀬俊朗が力説、ダービーの重みと友情

常に日本一を争うチーム同士「自然と気合が入った」

廣瀬 「府中で1年間威張れるかどうかが決まるのが府中ダービー! 現役時代は、ここだけは勝ちたいという気持ちはありました。当然向こうもね。府中にチームがあって、普段、街でも出会ったりする。向こうは監督にエディー(・ジョーンズ/現イングランド代表HC)さんだったり、清宮(克幸)さんとかビッグネームが指揮していたから、負けないぞみたいな感じがあったのは、すごく印象深いですね」

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

大野 「常に日本一を争うチームが同じ街にあるというのは、なかなかないこと。でも街で会ったらお互い仲いいし、日本代表でも、この2チームの選手は結構招集されることも多いから、活動が終わった後も一緒に飲みに行ったりもする。だからこそ、試合になったら負けたくないという気持ちが強い。真壁(伸弥/旧サントリー、日本代表LO)なんて、普段はすごく優しいけど試合になったら鼻にフックしてくる。でも終わればノーサイドで、みんなでまた乾杯しようというのが、府中ダービーには特に色濃くあると思いますね」

廣瀬 「懐かしいなぁ。サントリーは上手なイメージがあって、スキルフルで、ちょっと華やか。そのサントリーに対して、泥臭い僕たちみたいな、割とそういう対決が続いていた感じで面白かったね」

大野 「自然と気合が入りましたね。順位どうこうじゃなくて。やはりサントリーは東芝を警戒していたし、東芝の順位が低くても向こうは絶対にナメた感じがなかったし、こっちもそういう気持ちを持って挑んでいた」

廣瀬 「府中ダービーだと、均ちゃんがすごく走っていたイメージがあるな。躍動していたね」

大野 「サントリー戦はね。なんだかトライしたりね。トシがキャプテンの時に、味の素スタジアムでダービー戦があった。あの時はチームにも危機感があった。自分も筋断裂していたけれど、痛み止めを打ちまくって出たら、意外といいプレーができてトライもしていた」

1 2 3 4 5

吉田 宏

サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。ラグビーW杯は1999、2003、07、11、15、19、23年と7大会連続で取材。

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集