[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

府中で1年間威張れるか ラグビー元日本代表・廣瀬俊朗が力説、ダービーの重みと友情

対談した廣瀬俊朗氏(左)と大野均氏【写真:東芝ブレイブルーパス東京】
対談した廣瀬俊朗氏(左)と大野均氏【写真:東芝ブレイブルーパス東京】

今季のBL東京のラグビーは「本当に面白い」

 終盤戦に突入する「いま」のBL東京、そしてリーグワンをどう見ているのか。

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

廣瀬 「今季のBL東京を見ていると、本当にボールがよく動いて、すごく面白い。どんどんスペースにボールを運んでいる。FWも両ロック(LO)は高くて強くて、セットピースからのトライも結構生まれている。アタックに、いろいろなオプションがあるのがいい」

大野 「機動力がある。1、2、3番でもよく動くし、観ていて楽しい。やはりディフェンスがしっかり前に出られているのが、観ているほうも面白いんじゃないかな。我々の時は、ボールをもらったら、もらったまま。でも、今のチームは選手がしっかりとスペースにボールを運ぼうとしている。『そこでパスをするんだ』とか、意外性もある。本当に面白いラグビーをやっている」

廣瀬 「凄いですよね」

大野 「昔はデビッド・ヒル(元スタンドオフ=SO)とかがね。“突っ込んでいけ!”と」

廣瀬 「“オマエらパスして、余計なことするんじゃない! 均、突っ込んどけ”とね。今はFW1列の選手もパスが上手だし、FWの選手も後ろの選手も(パスを)放るし。後は外国人の選手も、すごいインパクトプレーヤーが揃っている。セタ(・タマニバル/センター=CTB)とか物凄いじゃないですか。どうなってるんですか、あの人。オールブラックス時代も凄かったけれど、今はまた(パフォーマンスが)上がってきている」

大野 「ちょっと見えているところが自分たちと違うね」

廣瀬 「あとはジョネ(・ナイカブラ/ウイング=WTB)もね。粗削りだと思うけれど、パスしたらどこまでもいっちゃうんだ」

大野 「ボールを持ったらワクワクさせてくれるような選手が増えている」

廣瀬 「たくさんいるから、観ていても面白いし、あと選手が楽しそうに、ワクワクしながらラグビーに取り組んでいるのが印象的で、それが何よりも良かったかな。それが、お客さんにも伝わっていくので、徐々に徐々に輪が広がっていくのかな。そのお手伝いを僕らでやっていければいいなと思います」

1 2 3 4 5

吉田 宏

サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。ラグビーW杯は1999、2003、07、11、15、19、23年と7大会連続で取材。

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集