[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

高橋彩華、史上3人目の快挙へ2位発進 前週大会前にコーチと契約終了も「大丈夫です」

国内女子ゴルフツアーのパナソニックオープンレディース第1日が29日、千葉・浜野GC(6660ヤード、パー72)で行われた。前週のフジサンケイレディスクラシックでツアー初優勝の高橋彩華(東芝)は、好調を維持して6バーディー、1ボギーの67で5アンダー。首位に1打差の2位につけた。狙うは史上3人目の初優勝からの2試合連続優勝。会見では、初優勝を飾る直前にコーチとの契約が切れたことも明かした。

首位に1打差の2位で初日を終えた高橋彩華【写真:Getty Images】
首位に1打差の2位で初日を終えた高橋彩華【写真:Getty Images】

国内女子ゴルフ・パナソニックオープンレディース第1日

 国内女子ゴルフツアーのパナソニックオープンレディース第1日が29日、千葉・浜野GC(6660ヤード、パー72)で行われた。前週のフジサンケイレディスクラシックでツアー初優勝の高橋彩華(東芝)は、好調を維持して6バーディー、1ボギーの67で5アンダー。首位に1打差の2位につけた。狙うは史上3人目の初優勝からの2試合連続優勝。会見では、初優勝を飾る直前にコーチとの契約が切れたことも明かした。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 乗っている高橋は、苦手コースも攻略した。11番からの3連続を含む6バーディーで、ボギーは1つ。過去3度出場で1度も予選通過がない大会で、「予選通過」を目標にしているが、首位で6アンダーの申ジエと1打差だ。

「今日は雨で狙いどころが絞りやすかったです。運よくパターも入りました。最後(18番)もしっかりバーディーが取れて良かったです。1打でも貯金があった方がいいので」

 開催コースの浜野GCはフラットで比較的フェアウェーも広い。一般的には「ラウンドしやすい」とされるが、高橋は「晴れていて、広いと狙いを絞ることができないので、逆にどこを狙っていいのか分からなくなるんです」と説明する。そして、「広く見えなくなるんです。だから狙いどころが絞りやすい」と付け加えた。

 もっとも、ショットの安定感はツアーでも屈指。スイングは3年以上も師事して奥嶋誠昭コーチと作り上げてきたが、前週の大会前に契約が切れたことを明かした。現在はコーチを付けていないが、高橋は「大丈夫です」と言い切った。

 メンタルも安定している。前週、10度目の最終日最終組でツアー初優勝を果たした。「もう、前よりも最終日最終組は怖くなくなりました」。同じ「黄金世代」の畑岡奈紗が米女子ツアー6勝目を飾ったこともプラスにとらえ、「やっぱり、同世代が頑張っているのは刺激になりますし、なおさら頑張ろうという気持ちにもなります」とも言った。

 過去、初優勝から2週連続で優勝した選手は2人(90年・西田智慧子、05年・表純子)で、高橋は3人目になるチャンス。「まだ全然、考えてないです」と話したが、第2日もスコアを伸ばして11度目の最終日最終組に入れば、快挙の可能性はより高くなる。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集