[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

府中で1年間威張れるか ラグビー元日本代表・廣瀬俊朗が力説、ダービーの重みと友情

経験豊富なブラックアダーHCは「雰囲気作りが上手い」

 期待感が高まるチームの進化を支えるのがトッド・ブラックアダー・ヘッドコーチ(HC)だ。ニュージーランド・カンタベリー州代表、そして同州代表を母体としたクルセイダーズで、統率力抜群のリーダーとしてチームをスーパーラグビー最強軍団へと導いた。現役引退後はクルセイダーズ、バース(イングランド)ら世界の強豪クラブでHCを務め、府中にやってきて3シーズン目でBL東京を4強が狙えるチームへと鍛えてきた。

【注目】育成とその先の未来へ 野球少年・少女、保護者や指導者が知りたい現場の今を発信、野球育成解決サイト「First Pitch」はこちら

大野 「練習前のミーティングからブラックアダーHCがいい雰囲気を作ってくれている。最初から真面目な話から入るんじゃなくて、最初は冗談を言って選手を和ませたりね。試合に負けた後の週の最初のミーティングなんて、みんな暗い気持ちで来るけど、そこで負けはしたけれど、しっかり活躍した選手を称えたり、ちょっと面白い映像を見せたりして入る。ブラックアダーの場の作り方が上手いと思う」

廣瀬 「言うことなしだね。見た目も格好いいし。あんな雰囲気を持ってて、そんな演出までしてくれたらね」

大野 「3シーズン、苦しい時もあったけれど、それに応えたいという選手たちの思いがあって、やっとそれが実を結んできたかなと感じます」

廣瀬 「ようやくですもんね。プレーオフに絡めて、やっていけるという眺めができてきたのは。そういう緊張感ができると、すごくいい経験になっていくんじゃないかな。今年もね、もしかしたら優勝もあるかもしれないし、来年以降に、すごく繋がっていくんじゃないかと思います。あと若い選手もたくさん試合に出ている。僕らも勇気をもらえるというか、ベテラン選手も頑張っているけれど、若い血がどんどんチームを良くしているのは、すごい将来楽しみ」

 期待感を高めながら迎える府中ダービー。昨季までのトップリーグでの過去5シーズンの成績は、4戦してBL東京の1勝3敗。今季も昨年12月のプレシーズンマッチこそ勝利したが、1月のリーグ第1節では46-60と後半に逆転され敗れている。

 2人のレジェンドが現役時代のライバルとの戦いを回想しながら、このダービー戦の意義にも思いを巡らせる。

1 2 3 4 5

吉田 宏

サンケイスポーツ紙で1995年からラグビー担当となり、担当記者1人の時代も含めて20年以上に渡り365日欠かさずラグビー情報を掲載し続けた。1996年アトランタ五輪でのサッカー日本代表のブラジル撃破と2015年ラグビーW杯の南アフリカ戦勝利という、歴史に残る番狂わせ2試合を現場記者として取材。2019年4月から、フリーランスのラグビーライターとして取材を続けている。長い担当記者として培った人脈や情報網を生かし、向井昭吾、ジョン・カーワン、エディー・ジョーンズら歴代の日本代表指導者人事などをスクープ。ラグビーW杯は1999、2003、07、11、15、19、23年と7大会連続で取材。

W-ANS ACADEMY
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
ABEMAプレミアリーグ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
UNIVAS
N-FADP
#青春のアザーカット
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集