[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

4kg減量した川岸史果が毎ラウンド食べる物を告白「集中力が途切れることなくなった」

国内女子ゴルフツアーのパナソニックオープンレディース第1日が29日、千葉・浜野GC(6660ヤード、パー72)で行われた。ツアー1勝の川岸史果(加賀電子)は、6バーディー、1ダブルボギーの68で4アンダー。首位に2打差の3位で発進した。優勝は2017年から遠ざかり、シード権は18年が最後だが、オフの間に4キロ減量したことでショットに切れが出ているという。そして、ラウンド中は「スポーツようかん」を食して、集中力を保っていることも明かした。

初日3位で発進した川岸史果【写真:Getty Images】
初日3位で発進した川岸史果【写真:Getty Images】

国内女子ゴルフ・パナソニックオープンレディース第1日

 国内女子ゴルフツアーのパナソニックオープンレディース第1日が29日、千葉・浜野GC(6660ヤード、パー72)で行われた。ツアー1勝の川岸史果(加賀電子)は、6バーディー、1ダブルボギーの68で4アンダー。首位に2打差の3位で発進した。優勝は2017年から遠ざかり、シード権は18年が最後だが、オフの間に4キロ減量したことでショットに切れが出ているという。そして、ラウンド中は「スポーツようかん」を食して、集中力を保っていることも明かした。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 ガッシリ体型だった川岸は、スリムになってショット切れを増した。ラウンド後、実感を込めて言った。

「オフの間に4キロ、減量しました。それほどではないですが、『痩せたね』とよく言われます。ただ、筋肉量は落ちないようにトレーニングをしているので、飛距離は変わっていませんし、逆にアイアンショットの切れは増しました。一番いいのは疲れにくくなりました」

 20-21年統合シーズンの昨季は39試合に出場したが賞金ランクは99位で終了。疲れやすい体質を改善するべく、油ものや人工甘味料が入った飲みものを避け、毎日10キロのランニングも重ねた。今季は大会を通じての好結果はないが、1か月前のヤマハレディースオープン葛城では初日3位、そして、この日も3位と好発進した。雨中のラウンドとなったが、川岸は「スポーツようかん」を食していることも明かした。

「痩せたのはこれを食べてきたこともありますが、気付いたらひと口ずつ食べています。ラウンド中、集中力が途切れてボーッとすることはなくなりました」

 スポーツようかんは、一般的に運動時にエネルギー源になる糖質だけでなく、汗で失われていく塩分やアミノ酸などが配合され、体に活力を与えるとされている。川岸はこれを毎ラウンド、食しているという。

 両親ともにプロゴルファーで、父はかつて「怪物」と呼ばれた川岸良兼。サラブレッドとして期待され、16年にプロテスト合格を果たした。翌17年には、マンシングウェアレディース東海クラシックでツアー初優勝。しかし、18年から不本意な成績が続いている。

 刺激になっているのは、同期である松森彩夏の復調だ。前週、フジサンケイレディスクラシックで約5年ぶりにトップ10入りをしたライバルは、この日も3アンダーで7位につけている。「お互い頑張って、上位で争いたいですね」。川岸は、松森との相乗効果も力にツアー2勝目を目指す。

(THE ANSWER編集部)

DAZNで好きなスポーツ、好きなだけ。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集