[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

4回転も3回転半も跳ばない坂本花織 最強ロシアの牙城を崩す“誰も真似できない武器”

4年間で演技の質が向上、ノーミスでリンクを疾走できるか

 そうして掴んだ2度目の五輪代表の座を、しっかりと狙って取った坂本の今季の戦いは、見事だったと言ってもいいだろう。全日本優勝で五輪代表内定を一発で決めると掲げた目標を達成して迎える五輪の晴れ舞台について、こんな意気込みを語っている。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

「本当に4年前とやっていることは変わらないんですけど、GOEの加点の幅が増えたことで質を上げて、5コンポーネンツをしっかり上げていこうということが1年ごとに点数に表れ、その成果が出てきた。(振付師の)ブノワ(・リショー)先生の振り付けに変わってから、トランジションの内容が濃くなって評価されてきて、嬉しいなというのと、スケーティングスキルが上がってきているのが嬉しい。平昌五輪の点数と順位よりも上に行くのを目標にしているし、表彰台に上がりたいという気持ちがあります」

 試合直前にも走り込むなど、動けば動くほど動けるタイプといい、コーチ陣からのあだ名は「フェラーリ」というほど。ミスをしたら何度でも通し演技を繰り返し、練習からノーミス演技をいかに積み重ねて、試合本番にいつも通りの演技をぶつけられるかだと、勝負のポイントを挙げていた。

 平昌大会で独特な雰囲気の五輪を一度経験しているだけに、北京大会での活躍は楽しみなところだ。坂本本人も、目指してきた2度目の五輪について「前回は出られたことが嬉しくて浮かれた気持ちが大きかったが、今回は全日本選手権優勝という責任もあるし覚悟が違う。やるぞという気持ち」とやる気を漲らせていた。

 そして、強豪が揃った北京五輪での勝負についてはこんな分析を口にした。

「(ロシア勢のことは)あまり深く考えず、勝つために自分がいかにパーフェクトに近い演技をしないといけないかと考えさせられている。ショートプログラム(SP)とフリー、両方パーフェクトな演技にして前回よりも良い成績で終われるようにしたい」

 シニア1季目で勢いに乗って代表入りした初出場の平昌五輪では6位入賞。今回は「覚悟は4年前とは違う」と日本女子エースとして、メダル獲得を目指すというが、2度目の五輪は厳しい戦いが予想されるだけに、自分らしい演技を全うして勝機を見出して表彰台の一角を狙うしかない。

 坂本の持ち味は、スピードと迫力あるスケーティングとダイナミックなジャンプ。坂本を指導してきた中野園子コーチが「迫力のある、すかっとするような躍動感のある演技をしてほしい」と望んでいたように、新進気鋭の振付師とともにブラッシュアップしてきた、誰も真似のできないあの疾走感あふれる演技を五輪で完璧に披露できれば、メダルを手にできるチャンスはあるはずだ。

(辛 仁夏 / Synn Yinha)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集