[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • コラム
  • 指導者に何が求められるのか 「チームのために戦える場所」を与える義務と責任

指導者に何が求められるのか 「チームのために戦える場所」を与える義務と責任

子供はみんな試合に出たい。監督もみんなを試合に出したい。

【連載コラム】ドイツ在住日本人コーチの「サッカーと子育て論」――試合に出たい子供を起用するには

 子供はみんな試合に出たい。監督もみんなを試合に出したい。

 でも、試合となると誰だって勝ちたくなるし、試合にのめり込んでいろんなことを考えているうちに、選手交代のタイミングを見誤ったり、何人かの選手を出場させられないこともある。先日、U-10チームの試合で最後まで出場できなかった子供が2人いたという。普段は心優しく、ちゃんとみんなを起用する監督だが、その日はチームの出来があまり良くなかったこともあり、どこか他のことに気を奪われてしまったのだろうか。

 楽しみにしていた試合に出られなかった悲しみは大きい。1人は他の用事をキャンセルしてこの試合に駆けつけていたと、お父さんが話していた。

 後日、自分のミスを認めた監督は、自身の起用法をチームの前で子供たちに謝った。子供たちにもその想いはしっかりと伝わった。

 1週間後の次のリーグ戦、チームは相手に3点リードを許すという展開だったが、監督は全選手をしっかりと起用した。誰も諦めなかった。みんなが精一杯のプレーをしようと走った。思いが一つになった時のチームは強い。後半猛攻を見せたチームは、6-5の逆転勝利を飾った。

1 2

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
SportyLife スポーティーライフ - 食とスポーツをつなぐ情報誌
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー