[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

将来は「これが普通に」 元五輪スプリンターがオンラインで感じた子供たちとの絆

伊藤氏は室内でもできる2種類のトレーニング動画を用意し、解説を行った【写真:編集部】
伊藤氏は室内でもできる2種類のトレーニング動画を用意し、解説を行った【写真:編集部】

伊藤氏「小池選手は脚が1秒で5回転。でも実は、子供でもできること」

 2本目は「下半身のトレーニング動画」だ。ここでは、直立の姿勢から前に大きく一歩踏み出し戻る運動と、つま先をついたままリズムに合わせてかかとを上下させる運動の2種類が紹介された。いわゆる「ランジ」と呼ばれる動きのポイントは、「体が前に倒れない」「踏み出したひざは90度に」「ひざは真っ直ぐ正面を向く」の3つ。「お尻と太ももの裏が刺激されていれば正しいフォームです。しんどい運動ですが、これは五輪選手もやっている。回数は多くなくていいので、いいフォームで左右合わせて10回くらいやってみましょう」と、伊藤氏はアドバイスを送った。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の無料会員登録はこちらから

 つま先をついたままリズムに合わせてかかとを上下させる運動は、壁に両手をつき、やや前傾姿勢で実施。腕振りトレーニングと同じように、子供たちはメトロノームに合わせて1分間に400回のリズムからスタート。続いて1分間に500回のリズムになると、その速さに思わず苦笑いが浮かんだ。伊藤氏が「100メートルを9秒98で走る小池(祐貴)選手は、脚が1秒で5回転します。でも実は、これは子供でもできること。みんなも、これまでスマートコーチでやってきた『前に大きく進むトレーニング』に加えて、今日やった『自分の体を速く動かすトレーニング』もすると、もっとスピードが出るようになると思います」とアドバイスを送ると、子供たちは大きく目を輝かせた。

 動画トレーニングが終わると、いよいよ1年間の成果発表だ。伊藤氏は子供たちから送られてきた50メートルのタイム測定動画を事前にチェック。この1年間で50メートル走が9秒台から8秒台になったという藤原大誓くん(5年)には「全体的に体の動きが小さいので、大きく使うことを意識してみよう」とアドバイスを送り、長距離・短距離ともにタイムが縮まったという清水美弥子さん(中1)には「脚が内側を向かないように、内転筋や中臀筋(ちゅうでんきん)を強化すると、もっとスピードが上がると思います」と言葉をかけ、簡単なトレーニング法も伝えた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集