[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

陸上短距離に現れた新星・鵜澤飛羽 「陸上の才能ない」元球児が1年半で高校2冠の衝撃

16歳が自ら認める“一つの才能”「人より努力している自信はある。努力した量なら負けない」

「才能のない自分」を認めているから、どうしたら、周りより速く、強い選手になれるのか。それだけを考えて走り続け、実践する意志の強さがある。だから「努力する才能はあるかもしれない」と自分で言う。「人より努力している自信はある。努力した量なら負けないと思う」。この言葉こそが、鵜澤飛羽という男を読み解く本音に聞こえた。

 今も野球は好きという。大会期間中も「宿舎では甲子園を見ていた。ここに自分もいたのかなあ……」と笑い、白球に対する思いちらつかせたが、陸上界の期待は高まる。今大会は100メートルで桐生祥秀の大会記録、200メートルでサニブラウンの高校記録に迫った。今後は比較になる名前が、自然と日本を牽引する9秒台スプリンターになってくる。

 今大会は5月に左足首の靱帯を損傷した影響で、当初は県総体に出場しないことも考えていたほど。それが、2つのレースで一躍、その名を陸上界に知らしめることになった。宮城・大河原町出身の16歳。競技歴の浅さは、伸びしろの大きさの裏返し。181センチ、62キロの体はまだ線の細さも残るが、それもまた、成長の余白は十分に感じさせてくれる。

 200メートルのレース後、「まずは公認で20秒3台を出すこと」と目標を語った上で「これから本気でやっていけば、19秒台も出ると思う」と言った言葉も絵空事じゃない。「才能のないスプリンター」は、己を強くする方法を知っている。果たして、これからどんな選手に成長していくのか。夏の沖縄の日差しに照らされ、楽しみな逸材が芽吹いた。

(THE ANSWER編集部・神原 英彰 / Hideaki Kanbara)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集