[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

世界ジュニア準V奈良岡「相手が乗っていた」 武藤とのペアで苦戦しながら4強入り

ペアとしての練習はせずに出場「練習はしていないけど、不安はない」

 奈良岡は、昨年の世界ジュニア選手権で準優勝しており、この世代では群を抜く成績を残しているシングルスのプレーヤーだ。シングルス中心で海外遠征にも出ている影響もあり、2人は国内の大会には組んで出ているが、ペアとしての練習をまったくせずに臨んでいる。しかし、奈良岡が前衛からスペースへ球を落とし、相手に拾わせた球を後衛の武藤が強打するスタイルは明確。武藤は「練習はしていないけど、不安はない。自分たちは、形がしっかりしている」と自信を示した。

 翌4日はシングルスの準々決勝までの試合が行われ、最終日の5日にダブルスおよびシングルスの準決勝、決勝が行われる。奈良岡は、男子3冠を狙える立場にあったが、学校対抗戦では、決勝のダブルスで敗れて、チームも準優勝。それでも奈良岡は「ダメな負け方だったら嫌だったけど、みんな、やるべきことはやって全力を出した。気持ちの切り替えはできている」と話した。主戦場のシングルスに重きを置いていることは明白だが、ダブルスも4強入り。ペアを組む武藤は「今日は(強打を打ち続けて)疲れたけど、自分は1日空くので、気持ちを緩めず明後日に臨みたい」と最終日に照準を合わせる。最後のインターハイで2冠を目指す。

◇インターハイのバドミントンは1日から5日まで熱戦が繰り広げられる。今大会は全国高体連公式インターハイ応援サイト「インハイTV」を展開。インターハイ全30競技の熱戦を無料で配信中。また、映像は試合終了後でもさかのぼって視聴でき、熱戦を振り返ることができる。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集