[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大躍進の北陸が13年ぶり決勝 主将の一喝でミラクルチームに変貌「崩壊危機あったが…」

決勝で迎え撃つ福岡第一コーチ「すごく乗っているし、高校生は分からない」

 2年生が多く出るのは、試合の中盤から。先発のほとんどは3年生だ。しかし、大会に入るまでは、試合の出足が鈍かった。2年生の土家は「主将が『3年生は何をやっているんだ、3年生のチームじゃないのか、恥ずかしくないのか』と言って、あのミーティングから、弱みだったスタートの弱点が消えて、最初にリードして逃げ切る試合ができるようになった」と話した。散漫になっていた気持ちが、主将の一喝でまとまった。試合に出る者は、求められるプレーを全力で、試合に出ない者もスタンドから声を出すチームになった。今大会、北陸の応援の勢いは、すさまじい。伊藤は「シュートが決まった後とか、ボールをスティールした後の応援がすごい。いつもは、集中していて、そんなの聞こえないのに、すごく聞こえる」と嬉しそうに話し、土屋は「ベンチとベンチ裏の応援団が盛り上げてくれたから」と準決勝後に感動で泣きそうになるのを必死でこらえていた。

 冷静に実力を考えれば、福岡第一の優位は揺るがない。しかし、勢いのつきやすいトーナメント戦で、高校生が行う試合に「絶対」は存在しない。決勝で北陸と対戦する福岡第一の井手口孝コーチも「相手が、すごく乗っているし、高校生は分からない。毎試合、上手くなっている印象。明日も気を付けないといけない。あれだけ気持ちよくシュートを打たれたら、危ない。インサイドは優位性を持てるかなと思うし、アウトサイドをしっかり守れれば」と警戒心を示した。実力の福岡第一か、勢いの北陸か。令和元年のインターハイ王者は、どちらか。

◇インターハイのバスケットボールは7月28日から8月2日まで熱戦が繰り広げられる。今大会は全国高体連公式インターハイ応援サイト「インハイTV」を展開。インターハイ全30競技の熱戦を無料で配信中。また、映像は試合終了後でもさかのぼって視聴でき、熱戦を振り返ることができる。

(平野 貴也 / Takaya Hirano)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集