[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ブカツ応援
  • なぜ、前橋育英は一発勝負に強いのか 大会屈指の最終ラインが示す4人の共通項

なぜ、前橋育英は一発勝負に強いのか 大会屈指の最終ラインが示す4人の共通項

全国高校サッカー選手権大会は5日、各地で準々決勝が行われ、前橋育英(群馬)は米子北(鳥取)に3-0と快勝し、準決勝へと駒を進めた。

前橋育英のDF渡邊泰基、DF角田涼太郎、DF松田陸、DF後藤田亘輝【写真:編集部】
前橋育英のDF渡邊泰基、DF角田涼太郎、DF松田陸、DF後藤田亘輝【写真:編集部】

準々決勝で米子北に3-0で快勝、インターハイに続き4強進出を決める

 全国高校サッカー選手権大会は5日、各地で準々決勝が行われ、前橋育英(群馬)は米子北(鳥取)に3-0と快勝し、準決勝へと駒を進めた。

 前橋育英は昨夏のインターハイに続くベスト4進出。昨年も選手権で決勝進出を果たしており、2015年度は準々決勝敗退を強いられたが、2014年にも準優勝を収めている。一発勝負の戦いでは実力が伴わないケースも往々にしてあるが、前橋育英に関してはここ数年、上位進出を磐石なものとしている。

 なぜ、前橋育英は全国大会で一定の成績を収め続けることができるのだろうか? そのヒントとなる要素を最終ラインの4人が握っていた。

 最終ラインを務めるのは、右からDF後藤田亘輝(3年)、DF松田陸(3年)、DF角田涼太郎(3年)、DF渡邊泰基(3年)の4人。彼らは決勝まで進んだ昨年の選手権でも2年生にして全員が主力の座を勝ち取っていた。1年以上に渡り同じ4人で組んできたこともあって、他チームに比べ、連携面において頭一つ突き抜けている。

 さらに、松田はガンバ大阪、渡邊はアルビレックス新潟への加入が内定済み。それぞれ個の力が上積みされ、昨年よりもアップグレードされた、死角のない最終ラインを形成するに至った。準決勝の舞台に駒を進めるまで無失点を維持しているのは、インターハイ王者の流通経大柏、そして前橋育英だけだ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー