[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「サカモトのような滑りの方が見たい」 坂本花織、ROC金&銀でも海外評価が高いワケ

北京五輪は17日、フィギュアスケート女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)3位の坂本花織(シスメックス)が自己ベストの153.29点、合計233.13点で銅メダルを獲得した。日本女子のメダルは、2010年バンクーバー五輪銀メダルの浅田真央以来4人目の快挙。米記者は、難易度の高い技を繰り出す選手と坂本の滑りを比較。「サカモトのような滑りの方が見たい」と称賛している。

フィギュア女子フリーで銅メダルを獲得した坂本花織【写真:AP】
フィギュア女子フリーで銅メダルを獲得した坂本花織【写真:AP】

海外記者&元選手らから称賛続々、五輪女王「サカモト・カオリを祝福しましょう」

 北京五輪は17日、フィギュアスケート女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)3位の坂本花織(シスメックス)が自己ベストの153.29点、合計233.13点で銅メダルを獲得した。日本女子のメダルは、2010年バンクーバー五輪銀メダルの浅田真央以来4人目の快挙。米記者は、難易度の高い技を繰り出す選手と坂本の滑りを比較。「サカモトのような滑りの方が見たい」と称賛している。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 各分野のプロが動画解説、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」の公式LINEはこちら

 完璧と言っていい演技で、日本女子3大会ぶりのメダルを手にした。坂本は冒頭の2回転アクセル、3回転ルッツともに流れるような着氷で決めた。ジャンプ以外のステップ、スピンでも魅了。SPに続く好演で銅メダルを獲得した。順位決定後は涙を流し、5位入賞した樋口新葉とは喜びのハグも交わした。1、2位のROC勢にはおよそ20点及ばなかったが、海外では高く評価されている。

 米紙「シアトルタイムズ」の元記者、メーガン・バーバンク氏はツイッターで「難しい技や雑な4回転のトライよりも感情に訴える表現力のある滑り(サカモトのような)の方が見たい」とつづった。4回転ジャンプをマスターする選手も増える中、4回転を跳ばない坂本の表現力豊かな演技に目を奪われた模様。上位のROC勢のコーチングには「芸術性の欠如がある」と指摘した。

 また、ソルトレイクシティ五輪金メダリスト、サラ・ヒューズ氏は「カオリ・サカモトを祝福しましょう。美しいスケーターであり、ワンダフルな表現者。日本女子12年ぶりのメダル獲得です。ありがとう、カオリ!」とツイッターに記し、米地元放送局「FOXメンフィス」のニュースキャスター、シーラ・オコナー氏は「カオリ・サカモト、ただただ光り輝いていた。卓越したパフォーマンスだった」と称えていた。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集