[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「寝ても疲れが抜けない気がする」大人たち “深い睡眠”に変える、最も簡単な方法

忙しい大人向けの健康術を指南する「THE ANSWER」の連載「30代からでも変われる! 中野式カラダ改造計画」。多くのアスリートを手掛けるフィジカルトレーナー・中野ジェームズ修一氏がビジネスパーソン向けの健康増進や体作りのアドバイスを送る。

“深い睡眠”に変える、最も簡単な方法とは
“深い睡眠”に変える、最も簡単な方法とは

連載「30代からでも変われる! 中野式カラダ改造計画」

 忙しい大人向けの健康術を指南する「THE ANSWER」の連載「30代からでも変われる! 中野式カラダ改造計画」。多くのアスリートを手掛けるフィジカルトレーナー・中野ジェームズ修一氏がビジネスパーソン向けの健康増進や体作りのアドバイスを送る。

 寝苦しい夜に、忙しい仕事も重なり、「寝ても疲れが抜けない」と感じるビジネスパーソンは少なくない。睡眠不足は体にとって、どんな危険を引き起こすのか。中野氏が解説し、最も大切な“深い睡眠”に変える方法について、優しく指南してくれた。

 ◇ ◇ ◇

「布団に入っても仕事のことが頭から離れなくて寝つきが悪い。寝ても何となく疲れが抜けない気がする」。多忙なビジネスパーソンから、こんな相談を受けることは少なくありません。「筋肉を鍛えて体力をつけて元気になりたい」と言うのですが、実は筋肉を鍛えるよりも睡眠を改善することがとても大切です。

 睡眠には肉体的疲労を取り除くだけでなく、頭の中をスッキリさせる力があります。不要な情報を整理し、必要な情報を圧縮する。パソコン作業に例えるとデータを圧縮する作業が、睡眠中に行われています。

 日中、忙しく働き、膨大な情報が頭に入ってくれば、当然、脳を整理するにも時間がかかります。それなのに、寝たくても寝付けなかったり、睡眠時間が削られたりすれば、脳の情報処理が追い付かず、新しい情報が入らなくなります。だから睡眠が足りない日の翌日は、頭が回らないし、集中力も低下します。

 この時、私たちは「脳の情報処理の遅れているなあ」とは感じません。人は睡眠不足が続くと、本当は肉体的には疲れていないのに、「体の疲れが抜けない」と感じるのです。

 また、睡眠不足は集中力の低下や記憶力・やる気を減退させるだけではありません。睡眠が取れない、情報処理が追いつかないというストレスは、他の欲求、例えば食べることに走るなどで発散します。

 実は睡眠不足はホルモン分泌や自律神経にも影響を及ぼし、食欲を高めるホルモンの分泌を促します。どうでしょう。みなさんも、身に覚えがありませんか? 寝ていない、運動をする気にもならない、でも食欲だけは旺盛で、ついつい食べることに走ってしまう……。気づいたらパンツがきつくなっていた、お腹ぽっこり体型になっていた、というわけです。

1 2

中野ジェームズ修一

1971年、長野県生まれ。フィジカルトレーナー。米国スポーツ医学会認定運動生理学士(ACSM/EP-C)。日本では数少ないメンタルとフィジカルの両面を指導できるトレーナー。「理論的かつ結果を出すトレーナー」として、卓球・福原愛、バドミントン・藤井瑞希らの現役時代を支えたほか、プロランナー神野大地、トランポリン競技選手など、多くのトップアスリートから信頼を集める。2014年以降、青山学院大駅伝チームのフィジカル強化指導を担当。東京・神楽坂に自身が技術責任者を務める会員制パーソナルトレーニング施設「CLUB100」がある。主な著書に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(サンマーク出版)、『青トレ 青学駅伝チームのコアトレーニング&ストレッチ』(徳間書店)、『医師に「運動しなさい」と言われたら最初に読む本』(日経BP)などベストセラー多数。

長島 恭子

編集・ライター。サッカー専門誌を経てフリーランスに。インタビュー記事、健康・ダイエット・トレーニング記事を軸に雑誌、書籍、会員誌で編集・執筆を行う。担当書籍に『世界一やせる走り方』『世界一伸びるストレッチ』(中野ジェームズ修一著)、『つけたいところに最速で筋肉をつける技術』(岡田隆著、以上サンマーク出版)、『走りがグンと軽くなる 金哲彦のランニング・メソッド完全版』(金哲彦著、高橋書店)など。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集