[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

五輪本番さながらのバトルが実現 世界屈指のスケートボーダーが寒川に集結する意味

2020年に開催される東京オリンピックから正式種目となったスケートボード競技。そのストリート種目では国内唯一のグローバル予選大会として、来年4月22日から26日に神奈川県寒川町で行われる「ARK LEAGUE 2020 IN SAMUKAWA」が認定された。オリンピック本番を約3か月後に控えた大事な時期。出場権を狙う世界屈指のスケートボーダーたちが人口約5万人の町を舞台に、最高のパフォーマンスを繰り広げる。

2020年4月22日から26日に神奈川県寒川町で「ARK LEAGUE 2020 IN SAMUKAWA」が行われる【写真:荒川祐史】
2020年4月22日から26日に神奈川県寒川町で「ARK LEAGUE 2020 IN SAMUKAWA」が行われる【写真:荒川祐史】

スケートボード競技では国内唯一の東京五輪グローバル予選大会に認定

 2020年に開催される東京オリンピックから正式種目となったスケートボード競技。そのストリート種目では国内唯一のグローバル予選大会として、来年4月22日から26日に神奈川県寒川町で行われる「ARK LEAGUE 2020 IN SAMUKAWA」が認定された。オリンピック本番を約3か月後に控えた大事な時期。出場権を狙う世界屈指のスケートボーダーたちが人口約5万人の町を舞台に、最高のパフォーマンスを繰り広げる。

【特集】「あとはここの波を究めるだけ」全てを知り尽くした海で狙うメダルへの道 / サーフィン 大原洋人選手(GROWINGへ)

 スケートボード競技の五輪出場選手選考プロセスは、2019年1月からスタート。2019年を1stシーズン、2020年を2ndシーズンと位置づけ、選手には出場した大会での成績に応じた「オリンピックポイント」が与えられ、2020年5月末時点での累積点数により、各国上位3選手が五輪代表に選出される。

 オリンピック予選大会は、2シーズン合わせて12大会を開催。1stシーズンは5大会のうちポイント数の多い2大会、2ndシーズンには7大会のうちポイント数の多い5大会の合計ポイントで、選手は出場権を争っている。大会の難易度により獲得できるポイント数は違うが、今回「ARK LEAGUE」が国際運営組織「WORLD SKATE」より認定された「5-Star Events」は優勝すると4万ポイントを獲得できるビッグコンテスト。かつ、代表選手決定まで約1か月と迫る時期の開催だけに、国内外のトップ選手が男女合わせて最大150人参戦し、本番さながらの白熱したバトルが実現する見込みだ。

「ARK LEAGUE」は2013年、BMX世界王者の内野洋平が「ライダーによるライダーのための大会」というコンセプトを掲げて、出身地の神戸で始めたBMXフラットランドの世界大会だった。開催を重ねながら規模を拡大。2017年には日本を代表する若手トップスケーター、瀬尻稜を迎え、スケートボードの世界大会「SKATE ARK」を開催した。そして、神戸から寒川に舞台を移した今年、2019年には新たにブレイキンの第一人者、TAISUKEを迎えて世界大会「BREAK ARK」を開催。世界に誇るストリートスポーツの祭典として、開催3日間で約2万5000人が集まる大盛況となった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集