[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「相当戦いましたね」 バレーボール女子代表監督・中田久美が決めた覚悟

現役時代は中学3年生、15歳で日本代表入り。16歳でセンタープレーヤーからセッターに転向すると、以後10年以上にもわたり、日本を代表するセッターとして活躍。五輪とワールドカップはともに3度、世界選手権には2度の出場経験を持つ。現役引退後は海外でコーチ修行を積み、Vプレミアリーグでは2012年、久光製薬スプリングスを監督就任1年目で、皇后杯全日本バレーボール選手権大会、V・プレミアリーグ、黒鷲旗全日本選抜大会で優勝。女子チーム初の3冠に導いている。選手としても指導者としても、経験・実績ともに十分過ぎる中田が選ばれたのは、自然な流れだったのかもしれない。

女子バレー日本代表監督の中田久美【写真:荒川祐史】
女子バレー日本代表監督の中田久美【写真:荒川祐史】

東京五輪を見据えた期待とプレッシャー「でも、だからやらなければいけないな、と」

 2016年10月25日。日本バレーボール協会理事会は満場一致で、女子日本代表監督に中田久美を選出した。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / 中田久美監督、荒木絵里香選手、黒後愛選手(GROWINGへ)

 現役時代は中学3年生、15歳で日本代表入り。16歳でセンタープレーヤーからセッターに転向すると、以後10年以上にもわたり、日本を代表するセッターとして活躍。五輪とワールドカップはともに3度、世界選手権には2度の出場経験を持つ。現役引退後は海外でコーチ修行を積み、Vプレミアリーグでは2012年、久光製薬スプリングスを監督就任1年目で、皇后杯全日本バレーボール選手権大会、V・プレミアリーグ、黒鷲旗全日本選抜大会で優勝。女子チーム初の3冠に導いている。選手としても指導者としても、経験・実績ともに十分過ぎる中田が選ばれたのは、自然な流れだったのかもしれない。

 当然ながら、2020年に開催される東京オリンピックを見据えた監督選考だ。日本代表を率いるだけでも責任は大きいが、ましてや目指すは自国開催のオリンピック。百戦錬磨の中田でも、大役を引き受けるには覚悟がいったという。

「相当考えました。やっぱり国民の皆さんの期待とかイメージとか(がある)。前回の東京(五輪)では『東洋の魔女』として金メダルを獲った競技なので、やっぱり期待の大きさはすごくプレッシャーになりますね。でも、だからやらなければいけないな、と」

 1964年に開催された前回の東京オリンピックでは、大松博文監督の下、「東洋の魔女」と異名をとった女子日本代表が金メダルを獲得。空前のバレーボールブームを巻き起こした。その翌年に生まれた中田は、当時の盛り上がりは実際に体験していない。だが、女子日本代表の系譜を継ぐ者として、何度も金メダルに挑戦したが掴めず。1984年のロサンゼルス五輪で銅メダルを手にしたものの、頂点に立つ難しさは痛いほど知っている。

「そういう歴史があるから今があると思うので、しっかりと繋いでいかないといけない」

 覚悟を持って代表監督に就任してから約3年。これまでの日々を「早かったですね」と振り返る。

「時間は足りないですね。私も指導者として日の丸をつけて戦うのが初めてだったので、何が何だかさっぱり分からず(苦笑)。本当に、相当戦いましたね。環境を整えるために。当初は正直、『これで東京オリンピックを戦うのか?』っていう状態でした。やっぱり特別なオリンピックじゃないですか。競技にかかわらず日本のスポーツを大きく変えるチャンスだと思うので、東京オリンピックだからやらなければならないこと、できること、伝えられること、変えられることが、私はあると思うんです。それを何とかしたいなという思いで、皆さんにご協力していただきながら、戦いながらやっています」

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集