[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ロブ・ブラントの記事一覧

  • 村田諒太、ブラント沈めた334秒が伝説の名勝負彷彿 米選出「年間No.1ラウンド候補」

    2019.07.16

    ボクシングのWBA世界ミドル級世界王座奪還に成功した村田諒太(帝拳)は、9か月ぶりの再戦でロブ・ブラント(米国)相手に2回2分34秒TKO勝ちを収めた。短くも濃密なハイレベルな攻防について、米メディアは「年間最優秀ラウンド候補」と称賛している。

  • 村田諒太から8歳の長男へ、教えたかった父の「生き切る」という言葉なきメッセージ

    2019.07.14

    12日にエディオンアリーナ大阪で行われたボクシングのWBA世界ミドル級タイトルマッチ。引退覚悟で臨んだ前王者・村田諒太(帝拳)が、王者ロブ・ブラント(米国)に魂をぶつける連打で2回2分34秒TKO勝ちし、世界王座を奪還した。不利予想を見事に覆して巻いたチャンピオンベルト。33歳で再び世界王者となった男には、小学2年の長男・晴道君に見せたかった生き様がある。

  • なぜ、村田諒太は完敗から激変できたのか “魂の豪打”の裏に勇気と「半歩前」の徹底

    2019.07.13

    ボクシングのWBA世界ミドル級タイトルマッチが、12日にエディオンアリーナ大阪で行われ、前王者・村田諒太(帝拳)が世界王座奪還に成功した。王者ロブ・ブラント(米国)に2回2分34秒TKO勝ち。昨年10月に米ラスベガスで行われた世界戦で、王者だった村田は大差判定負けで挑戦者ブラントを相手に王座陥落したが、9か月ぶりの再戦で見事リベンジに成功。試合後、世界王座返り咲きまでの道のりを振り返った帝拳ジム・本田明彦会長の言葉に、戦前の不利予想を覆せた要因が隠されていた。

  • 村田諒太「夢じゃない」 334秒KOから一夜明け「プロとして恥ずかしくない試合」

    2019.07.13

    ボクシングのWBA世界ミドル級タイトルマッチが、12日にエディオンアリーナ大阪で行われ、前王者・村田諒太(帝拳)が世界王座奪還に成功した。王者ロブ・ブラント(米国)に2回2分34秒TKO勝ち。昨年10月に米ラスベガスで行われた世界戦で、王者だった村田は大差判定負けで挑戦者ブラントを相手に王座陥落。前回は1200発超のパンチを被弾する屈辱を味わったが、9か月ぶりの再戦で見事リベンジに成功した。感動を呼んだ衝撃KO勝ちから一夜明けた13日、村田は大阪市内のホテルで会見した。

  • 村田諒太、50秒の”魂のラッシュ”に海外も大興奮「ゴロフキンとの対戦見たい」

    2019.07.13

    ボクシングのWBA世界ミドル級タイトルマッチが、12日にエディオンアリーナ大阪で行われ、前王者・村田諒太(帝拳)が世界王座奪還に成功した。王者ロブ・ブラント(米国)に2回2分34秒TKO勝ち。昨年10月に米ラスベガスで行われた世界戦で1200発超のパンチを被弾し判定負けしていたブラントに雪辱し、9か月ぶりの再戦で村田健在を示した。2回ラウンドの“50秒間の魂のラッシュ”をトップランク社の公式ツイッターが動画つきで脚光。米ファンを興奮させている。

  • ブラント、V2に疑いの余地なし? 1週前にラーメン、村田の好調は歓迎「喜ばしい」

    2019.07.12

    12日に行われるボクシングのWBA世界ミドル級(72.5キロ以下)タイトルマッチ(エディオンアリーナ大阪)の前日計量が11日、大阪市内のホテルで行われ、両者とも一発パスした。前王者・村田諒太(帝拳)は72.3キロ、王者ロブ・ブラント(米国)は72.2キロだった。昨年10月に米ラスベガスで行われた試合で村田から王座奪取したブラント。2月に初防衛に成功し、約9か月ぶりとなる村田との再戦に臨む。

  • 村田諒太、全重圧歓迎で運命の再戦へ 「国内のプレッシャーが僕に必要」である理由

    2019.07.11

    12日に行われるボクシングのWBA世界ミドル級(72.5キロ以下)タイトルマッチ(エディオンアリーナ大阪)の前日計量が11日、大阪市内のホテルで行われ、両者とも一発パスした。前王者・村田諒太(帝拳)は72.3キロ、王者ロブ・ブラント(米国)は72.2キロだった。昨年10月に米ラスベガスで行われた試合でブラントに王座を奪われた村田。約9か月ぶりとなる再戦の舞台が整った。

  • 村田諒太を迎え撃つブラント、カネロとの統一戦を熱望「残りのベルトを懸けて」

    2019.06.06

    7月12日にエディオンアリーナ大阪で、ボクシングのWBA世界ミドル級正規王者ロブ・ブラント(米国)と前同級王者・村田諒太(帝拳)が再戦する。昨年10月に米ラスベガスで村田に挑戦し、3-0判定の完勝で王座奪取に成功したブラントにとって2度目の防衛戦。

  • 村田諒太、再びベルト獲得へ 再起戦はブラントとのリマッチか、7月大阪開催と米報道

    2019.04.11

    ボクシングの元WBAミドル級王者・村田諒太(帝拳)。昨年10月の2度目の防衛戦でロブ・ブラント(米国)に判定負けしベルトを失ったが、再戦の可能性が浮上している。米メディアが伝えている。

  • 村田諒太、“咬ませ犬”によもや完敗… 米格付けで無念の「ミドル級10傑」陥落

    2018.10.25

    ボクシングのWBA世界ミドル級タイトルマッチでロブ・ブラント(米国)との2度目の防衛戦で敗れた村田諒太(帝拳)。フルラウンドを戦い抜いた末、0-3の判定負けで正規王者の座から陥落した。米メディアは「圧倒的な咬ませ犬」と予想していた挑戦者に敗れた前王者を、ミドル級格付けで無念の10傑陥落とした。

  • 村田諒太、まさかの敗戦から一夜明け、今何を思う「こういう試合を続けたら壊れる」

    2018.10.22

    前WBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が21日(日本時間22日)、王座陥落から一夜明けて、試合会場だった米ラスベガスのパークシアターで報道陣に対応した。2度目の防衛戦では、同級3位ロブ・ブラント(米国)に0-3の判定負け。ジャッジ2人が10ポイント差をつける完敗だった。敗戦から一夜明けて、村田は今何を思うのか。一問一答は以下の通り。

  • なぜ村田諒太は敗れたのか 完敗の裏にあった3つの誤算とは?「相手の方が上だった」

    2018.10.21

    ボクシングのWBA世界ミドル級タイトルマッチが20日(日本時間21日)、米ラスベガスのパークシアターで行われた。正規王者・村田諒太(帝拳)は指名挑戦者で同級3位ロブ・ブラント(米国)と2度目の防衛戦に臨み、フルラウンド戦い抜いた末、0-3の判定負け。自身のキャリア2敗目を喫し、ベルトを失った。絶対的有利の前評判だったが、まさかの完敗。誤算はどこにあったのだろうか。

  • 村田諒太からベルト奪取、ブラントが語る意外な勝因「あの笑みに惑わされなかった」

    2018.10.21

    ボクシングのWBA世界ミドル級タイトルマッチが20日(日本時間21日)、米ラスベガスのパークシアターで行われ、正規王者・村田諒太(帝拳)は指名挑戦者で同級3位ロブ・ブラント(米国)に0-3の判定負け。2度目の防衛に失敗し、王座から陥落した。戦前の不利予想を覆しベルトを獲得したブラント。試合後は意外な勝因を口にしている。米専門誌「リング」が伝えている。

  • 村田諒太陥落「完全に負けた」 今後は“白紙”「はい次にという気持ちになれない」

    2018.10.21

    ボクシングのWBA世界ミドル級タイトルマッチが20日(日本時間21日)、米ラスベガスのパークシアターで行われた。正規王者・村田諒太(帝拳)は指名挑戦者で同級3位ロブ・ブラント(米国)と2度目の防衛戦に臨み、フルラウンド戦い抜いた末、0-3の判定負け。ボクシングの本場でベルトを失った。村田の戦績は14勝(11KO)2敗。試合後、「完全に負けたなという感じ」と完敗を認め、今後については「すぐに答えが出ることはない」と気丈に語った。

  • 村田諒太、判定で2度目の防衛失敗 “村田コール”起こるも夢遠のく王座陥落

    2018.10.21

    ボクシングのWBA世界ミドル級タイトルマッチが20日(日本時間21日)、米ラスベガスのパークシアターで行われた。正規王者・村田諒太(帝拳)は指名挑戦者で同級3位ロブ・ブラント(米国)と2度目の防衛戦に臨み、フルラウンド戦い抜いた末、0-3の判定負け。ボクシングの本場でベルトを失った。村田の戦績は14勝(11KO)2敗。

  • 村田諒太の世界戦独占生中継 「DAZN」CEOの新たな野望「もちろん井上選手も魅力的」

    2018.10.21

    ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が米ラスベガスで同級3位ロブ・ブラント(米国)と2度目の防衛戦(日本時間21日)に挑む。この一戦を独占生中継する「DAZN」は「村田史上最大の挑戦を見逃すな!!」と銘打って、連日大プロモーションを展開している。日本人ボクシング選手の試合を日本国内でライブ中継することはDAZNとしても初の施策。“黒船”として日本スポーツ界に衝撃を与えたDAZNのジェームズ・ラシュトンCEOが日本メディアのインタビューに応じ、今後の展開、そしてさらなる野望を語った。

  • 【現地記者の目】村田諒太戦を予想 挑戦者が電話取材で語った「ムラタの弱点」とは

    2018.10.20

    10月20日、ラスベガスのパークシアターで行われるボクシングWBA世界ミドル級タイトルマッチはタイプの違う2人のボクサーの対戦となった。基本に忠実なパワーファイターの村田諒太(帝拳)と、オールラウンダーのロブ・ブラント(米国)。王者と指名挑戦者の激突とあって、技術的にもハイレベルな攻防戦が期待できる。

  • 村田諒太、挑戦者ブラントの真の実力は!? 村田をよく知る参謀の存在は不気味

    2018.10.19

    ボクシングのWBA世界ミドル級王者・村田諒太(帝拳)が米ラスベガスで同級3位ロブ・ブラント(米国)と2度目の防衛戦(日本時間21日午前11時、DAZN独占生中継)に挑む。両者は18日(日本時間19日)、試合会場となる米ラスベガスのパーク・シアターで公式記者会見に出席した。現地では村田有利の見方が広がっているが、対戦するブラントの真の実力はいかほどのものだろうか。

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集