[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ブーム火付け役のNZ、貫き通した“最後のお辞儀”に感動の反響「本当に泣けてくる」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は1日、3位決定戦(東京スタジアム)でニュージーランドがウェールズを40-17で下し、3位で終えた。今大会で“お辞儀ブーム”の火付け役となったオールブラックスは試合後、最後のお辞儀を披露。声援を送ってくれた母国と日本のファンに対し、日本流で感謝を示した。大会公式ツイッターが動画付きで公開すると、「本当に泣けてくる」「最後まで本当に紳士でした」と反響が集まっている。

ニュージーランド代表オールブラックス【写真:石倉愛子】
ニュージーランド代表オールブラックス【写真:石倉愛子】

お辞儀ブームのきっかけとなったNZが今大会最終戦後もお辞儀を披露

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は1日、3位決定戦(東京スタジアム)でニュージーランドがウェールズを40-17で下し、3位で終えた。今大会で“お辞儀ブーム”の火付け役となったオールブラックスは試合後、最後のお辞儀を披露。声援を送ってくれた母国と日本のファンに対し、日本流で感謝を示した。大会公式ツイッターが動画付きで公開すると、「本当に泣けてくる」「最後まで本当に紳士でした」と反響が集まっている。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 最後の最後までオールブラックスは自分たちらしさを貫いた。試合後のピッチ上、客席に向かい、選手とスタッフら40人以上が一列になり、客席に向かった。すると、呼吸を合わせて腰を90度折り曲げ、頭をペコリ。感謝の意を示すと、さらに拍手を送って、スタンドの声援に応えた。なんとも印象的なシーンとなった。

 9月21日の1次リーグ初戦・南アフリカ戦の試合後から披露したお辞儀。大会公式ツイッターは「今大会、各チームの『お辞儀』ブームのきっかけを作ったニュージーランド代表。最後の試合も、お辞儀で締めくくります」と拍手の絵文字を付け、実際のシーンとともに動画で公開した。日本のファンも反響を寄せている。

 多くの感謝とともに「相手国への敬意を忘れない素晴らしいチーム「会場でこのお辞儀をみると本当に泣けてくる」「最後まで本当に紳士でした…日本の文化にリスペクトをありがとう」「男気たっぷり!! あっぱれ」「素晴らしい紳士的態度」などと感動の声が上がっていた。強いだけじゃないオールブラックスの姿を日本のファンも忘れることはない。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集