[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本、来年11月にスコットランドと再戦へ 英BBC報道、聖地マレーフィールドで

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で史上初の8進出を果たした日本が、決勝トーナメント進出をかけて1次リーグ最終戦で対戦したスコットランドと来年11月に敵地・エディンバラで再戦すると、英公共放送「BBC」が1日に報じた。

ラグビー日本代表【写真:荒川祐史】
ラグビー日本代表【写真:荒川祐史】

1次リーグで対戦したスコットランド、敵地・エディンバラで再戦と報道

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で史上初の8進出を果たした日本が、決勝トーナメント進出をかけて1次リーグ最終戦で対戦したスコットランドと来年11月に敵地・エディンバラで再戦すると、英公共放送「BBC」が1日に報じた。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 記事では「スコットランドラグビー代表はワールドラグビー(WR)から不正行為の告発の結末を待つ間、日本とのテストマッチ2試合開催を確保した」と報じている。

「ティア1」の強豪国スコットランドは来年11月に母国の聖地であり、最大のスタジアム、マレーフィールドで日本と再戦することが決まり、両国の女子代表チームも同月にスコッツタウンで対戦するという。

 今大会でスコットランドはアイルランドと並ぶA組2強と目されていたが、最終戦で日本に21-28で敗れ、同代表史上初めて8強進出を逃す事態となっていた。

 スコットランド協会といえば、最高責任者のマーク・ドッドソン氏が台風19号の影響で日本戦が中止になった場合、大会側に対する法的措置を示唆するなどし、大きな波紋を呼んでいた。記事でもドッドソン氏の発言を改めて紹介している。

「WR首脳の間で、スコットランド協会は台風に関する日本に無神経さだったとみなした。統括団体は試合2日前のドッドソンのどこか脅迫めいた発言に対し、声明を発表していた」とも報じ、協会はWR側からの裁定を待つ状況が続いているという。

 一方、2021年夏に欧州で行われる3か国対抗戦で日本と対戦する可能性も残されているという。熱戦の感動で列島が震えたスコットランド戦。2年続けて名勝負を味わうことができるかもしれない。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集