[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本、南半球最強決定戦への参戦合意と海外報道 フィジー加えた“6か国対抗”実現へ

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で日本代表は史上初の8強進出という快挙を果たした。1次リーグでティア1勢を連破したブレイブブロッサムズは世界的な評価を高めたが、ニュージーランド、オーストラリアなど南半球の強豪4か国で争うリーグ戦「ラグビーチャンピオンシップ」への参戦が決定的となった。NZメディアによると、主催者サイドと日本協会の間で合意に至ったという。

ラグビー日本代表【写真:荒川祐史】
ラグビー日本代表【写真:荒川祐史】

南半球4か国でのリーグ戦「ラグビーチャンピオンシップ」に日本とフィジーが参戦へ

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会で日本代表は史上初の8強進出という快挙を果たした。1次リーグでティア1勢を連破したブレイブブロッサムズは世界的な評価を高めたが、ニュージーランド、オーストラリアなど南半球の強豪4か国で争うリーグ戦「ラグビーチャンピオンシップ」への参戦が決定的となった。NZメディアによると、主催者サイドと日本協会の間で合意に至ったという。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 南半球最強を決める「ラグビーチャンピオンシップ」。オールブラックス、南アフリカ、オーストラリア、アルゼンチンの4か国が参加する国際リーグ戦だが、ここに日本が参戦する可能性が高くなった。

 4か国の合弁事業「SANZAAR」と協会が話し合いを持っていたが、NZメディア「stuff」は「日本とフィジーがラグビーチャンピオンシップに加わる可能性がある」と報じている。

 英紙を引用した記事では「Sanzaarは先週、ラグビーワールドカップが開催中の日本で会合を行い、チャンピオンシップの拡大について大筋合意に至ったという」と伝えている。

 さらに11月1日に再度、直接協議するとも報じている。以前、英メディアの報道では国際統括団体「ワールドラグビー」幹部が「今後6か月以内に戦略的な計画を打ち立て、来年には許可が下りることを希望している。そして、2021年の参戦が素晴らしい目標となるだろう」とはコメントしていたが、さらに一歩進んだ形だ。

 フィジーの参戦も報じられており、実現すれば南半球版のシックスネーションズ(6か国対抗)が完成することとなる。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集