[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

記者質問に怒り 3連覇の夢散ったNZ、負け試合の後で見えたハンセンHCの人心掌握術

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は26日、横浜国際総合競技場で準決勝が行われ、王者ニュージーランドはイングランドに7-19で敗れ、史上初となる3連覇の夢に終止符を打った。2012年からチームを率いるスティーブ・ハンセンヘッドコーチ(HC)は試合後、「もちろん負けを認めるのは難しい」と声を落としながらも、「全力を尽くした。選手は一生懸命やったが、圧倒できなかった」と選手を称えた。

V3を逃したニュージーランド代表ハンセンHC【写真:荒川祐史】
V3を逃したニュージーランド代表ハンセンHC【写真:荒川祐史】

敗戦を認めながらも選手を称賛「敗れたことに痛みはあるが、恥ずかしさはない」

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は26日、横浜国際総合競技場で準決勝が行われ、王者ニュージーランドはイングランドに7-19で敗れ、史上初となる3連覇の夢に終止符を打った。2012年からチームを率いるスティーブ・ハンセンヘッドコーチ(HC)は試合後、「もちろん負けを認めるのは難しい」と声を落としながらも、「全力を尽くした。選手は一生懸命やったが、圧倒できなかった」と選手を称えた。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 試合開始前に行われる恒例のハカに「V字」陣形で“奇襲”されてから、この日は防戦一方の展開となってしまった。キックオフから1分36秒後には先制のノーホイッスルトライを献上。ここまでW杯18連勝を誇るオールブラックスにとって、これはW杯史上最速でのトライ献上。勝負のカギの1つでもあったディフェンスラインを崩されたり、セットピースが安定しなかったり、終始ちぐはぐな試合展開となってしまった。

 前半は0-10と無得点。ハンセンHCは、ハーフタイムにチームに向かって「受けに回るな。ここから仕掛けよう。もっとハングリー精神を出して必死になろう」と伝えたという。その結果、56分には相手のラインアウトが乱れた隙にWTBサベアがトライ。コンバージョンも決まって7点を返したが、試合時間が深まるにつれ、不用意なペナルティーが増え、後半は相手をノートライに抑えながら3つのペナルティーゴール成功で9点を与えてしまった。

 2007年の準々決勝フランス戦以来、実に12年ぶりのW杯黒星を喫した指揮官は「みんな打ちひしがれているが、勝つためには全力を尽くした。イングランドは素晴らしいチーム。敗れたことに痛みはあるが、恥ずかしさはない」と、あくまでも選手の努力は称え続けた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集