[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

山中亮平が南ア戦へ意気込み 出したい「自分の持ち味」と「ワンチーム」の姿

史上初のベスト8入りを果たし、20日の準々決勝で南アフリカと対戦する日本代表が16日、都内で練習を行った。記者会見に出席したFB山中亮平は「思い切ってぶつかって、全力で楽しんでプレーしたいです」と、自分らしさの溢れるプレーを誓った。

ラグビー・日本代表の山中亮平【写真:Getty Images】
ラグビー・日本代表の山中亮平【写真:Getty Images】

W杯4戦を終えての自己評価は…「もっともっとチャレンジできた」

 史上初のベスト8入りを果たし、20日の準々決勝で南アフリカと対戦する日本代表が16日、都内で練習を行った。記者会見に出席したFB山中亮平は「思い切ってぶつかって、全力で楽しんでプレーしたいです」と、自分らしさの溢れるプレーを誓った。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 山中はプール戦の4試合すべてに出場した。ロシア戦とスコットランド戦は途中出場だったが、アイルランド戦とサモア戦では先発。バックスリーながらディフェンスも含め、積極的なプレーで高評価を受けているが、「自分自身もっとできると思いました。ちょっとミスを恐れている部分もあったとは思うんですけど、もっともっとチャレンジできたなと思います」と満足せず。南アフリカ戦に向けて「自分が出るとなったら、もう4試合出ているので、ワールドカップという緊張はもうない。どんどん積極的に自分の持ち味を出していければいいと思います」と話した。

 山中自身が考える「自分の持ち味」とは何か。それは「迷わず判断して思い切ってやること」だと言う。「キックの部分だったり、エリアのマネージメントだったり、キックやカウンターでのランニングプレーだったり、強いプレー、思い切ったプレーをずっと心掛けています」と胸を張る山中は、南アフリカに対しても「特別なことをやるわけじゃなくて、今までやってきたことをやりきるだけ」と自信を見せる。

 そして、何よりも大事なのは、チームスローガン「ワンチーム」を体現する周りとの連携だ。9月6日に行われた南アフリカとのテストマッチで、日本はハイボールの処理に手間取り、南アフリカの誇るWTBコンビ、コルビ&マピンピの俊足ぶりを見せつけられた。「日本代表の両WTB(松島&福岡)もすごいので、そこは全然心配していない」と話す山中は、「しっかりウイングとコネクトして、ワンチームとして勝っていきたい」とし、個人で対抗するのではなく、連携しながらチームとして立ち向かっていくことの大切さを説いた。

 20日の準々決勝では、両チームのバックスリーのパフォーマンスが、勝負のカギの一つとなりそうだ。

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集