[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

9大会で初の中止 大会幹部が明かした苦渋の“歴史的決断”「軽く決めたわけでは…」

台風19号接近の影響で開催困難が予想されるラグビーW杯1次リーグ最終戦の複数の試合について、国際統括団体のワールドラグビーと組織委員会は10日、都内で会見。12日のニュージーランド―イタリア(愛知・豊田スタジアム)、イングランド―フランス(神奈川・横浜国際総合競技場)の2試合を中止にすると発表した。この結果、決勝トーナメント進出の可能性があったイタリアは敗退。日本―スコットランド戦など13日の試合は当日朝に開催の可否を判断する。

国際統括団体ワールドラグビーのアラン・ギルピン統括責任者(中央)は決断の理由を説明した【写真:浜田洋平】
国際統括団体ワールドラグビーのアラン・ギルピン統括責任者(中央)は決断の理由を説明した【写真:浜田洋平】

ワールドラグビーのギルピン統括責任者「全ての観客の安全を考えた」

 台風19号接近の影響で開催困難が予想されるラグビーW杯1次リーグ最終戦の複数の試合について、国際統括団体のワールドラグビーと組織委員会は10日、都内で会見。12日のニュージーランド―イタリア(愛知・豊田スタジアム)、イングランド―フランス(神奈川・横浜国際総合競技場)の2試合を中止にすると発表した。この結果、決勝トーナメント進出の可能性があったイタリアは敗退。日本―スコットランド戦など13日の試合は当日朝に開催の可否を判断する。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 歴史的決断は、苦渋の決断だった。会見に登壇した国際統括団体ワールドラグビーのアラン・ギルピン統括責任者は「天候情報を精査した結果です」と説明。「2019年シーズンで最大の台風でかなりの影響がある。交通機関の乱れを考え、試合の中止を考えた。中止は軽く決めたわけではない。安全を考えて決めました。公正に行われるように検討したが、あまりにもリスクがある。全ての観客の安全を考えました」と観客の安全を憂慮した結果の決断と明かした。

 過去8回のW杯で悪天候などを理由に試合中止となったことはなかった。これが大会史上初の出来事になり、決勝トーナメント進出の可能性があったイタリアは最終戦のニュージーランド戦を戦わずして敗退となった。会場を変更する選択肢がなかったのかを問われたギルピン氏は「全ての可能性を検討した。プール戦は会場変更しないという規定の下、決定した。会場変更を行うと、かなりの移動もある。全ての試合において、一貫したコンテンツを提供できない」と説明した。

 台風シーズンに大会を行ったことについては「後悔はありません」と強調。「いろんな意味で正しい判断をした。日本で開催し、素晴らしい大会になっている。これくらいのシーズンに台風が来ることも知っていましたし、全ての人の安全を考慮しました」と苦渋の決断であることを明かした。いずれにしても9大会目を迎えたW杯で初の事態。最後まであらゆる手を尽くし、開催の可能性を探ったが、最終的に台風19号の影響は避けられなかった。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集