[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ロシアは「眠れる巨人」だ 「別のスポーツみたい」な一流国と戦い、日本で得た経験

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は9日、A組のロシアが最終戦を戦い、スコットランドに0-61と零封負けを喫した。これで4戦全敗となり、勝ち点を1ポイントも奪えないまま終戦した。だが、どの試合でもあきらめず、対戦相手を苦しめ続けた内容にリン・ジョーンズ・ヘッドコーチ(HC)は将来性を見出し、「ロシアは眠れる巨人。協会が本腰を入れれば大きな目標を達成できる」と期待を込めた。

ロシアは4戦全敗でW杯を終えた【写真:荒川祐史】
ロシアは4戦全敗でW杯を終えた【写真:荒川祐史】

4連敗終戦、HCは「ティア1国は別のスポーツみたい」も将来性に自信

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は9日、A組のロシアが最終戦を戦い、スコットランドに0-61と零封負けを喫した。これで4戦全敗となり、勝ち点を1ポイントも奪えないまま終戦した。だが、どの試合でもあきらめず、対戦相手を苦しめ続けた内容にリン・ジョーンズ・ヘッドコーチ(HC)は将来性を見出し、「ロシアは眠れる巨人。協会が本腰を入れれば大きな目標を達成できる」と期待を込めた。

【PR】ラグビーW杯は連日熱戦展開中! 悲願の8強入り! 日本、決勝T進出!! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 前戦から先発メンバーを14人入れ替え、控え選手を中心としたスコットランドの“2軍”が相手だったが、ロシアが主導権を握ったのは前半開始から10分まで。その後、強烈なタックルを繰り返したが、徐々に足が止まり、後半は好き勝手に走られてしまった。試合後の記者会見でジョーンズHCは「ティア1のチームは、まるで別のスポーツをやっているような感じがした」と苦笑いで完敗宣言。だが、清々しい笑顔に切り替えると「ロシア代表にとっては大きな成功を収めた大会になった」と胸を張った。

 ヨーロッパ予選では3位に終わったが、ルーマニアとスペインの規定違反により、W杯に繰り上げ出場した。現役時代はウェールズ代表としてプレーしたジョーンズHCは、ロシアのラグビー界が未来につながる経験を得られるようにと、若手選手も積極的に起用。2大会ぶりのW杯に向けて「セットピースやディフェンスを徹底的に練習してきた」という。その結果はスタッツにも表れている。消化試合の違いこそあれど、9日終了現在、ロシア代表のチームタックル数は564で全20チームのトップに立っている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集