[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

最強NZに奮闘 “小国”ナミビア、日本の声援に感謝「素晴らしいサポートの空気感じた」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は6日、東京スタジアムでB組の世界ランク1位ニュージーランドがすでに1次リーグ敗退が決まっている同23位ナミビアから11トライを奪い、71-9で圧勝。今大会最多トライ&最多得点で開幕3連勝を飾った。一方、成人男性の競技人口は800人というナミビアも世界最強軍団相手に奮闘し、ファンを盛り上げた。

円陣を組むナミビア【写真:石倉愛子】
円陣を組むナミビア【写真:石倉愛子】

攻める度に大歓声、後半は「ナミビアコール」も発生

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は6日、東京スタジアムでB組の世界ランク1位ニュージーランドがすでに1次リーグ敗退が決まっている同23位ナミビアから11トライを奪い、71-9で圧勝。今大会最多トライ&最多得点で開幕3連勝を飾った。一方、成人男性の競技人口は800人というナミビアも世界最強軍団相手に奮闘し、ファンを盛り上げた。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 アフリカからやってきた“小国”が東京スタジアムを盛り上げた。オールブラックスが試合前に演じた「ハカ」の余韻をかき消したのは前半2分。およそ40メートルから左45度のペナルティゴール(PG)をSHスティーブンスが成功。2トライで3-10と逆転を許した後もPG2本をスティーブンスが決め、前半30分時点で9-10と1点差に迫った。

 以降はトライを重ねられ、得点差は開いた。しかし、体格で上回る相手に2人、3人と果敢に体をぶつけ、オフェンスでも敵陣深くまで再三、攻め込んだ。その度にオールブラックスカラーの黒で染まっていた客席から大歓声が起こり、後半23分に敵陣22メートルラインを突破した際には会場から手拍子とともに「ナミビアコール」が起こった。

 トライこそ奪えなかったものの、魂を込めた戦いぶりで80分を走り切ったナミビア。チームにはフルタイムで働く会社員や大学生もいる。まだまだ発展途上のチームとあって、フィル・デービスヘッドコーチ(HC)は「本当に選手たちを誇りに思う。努力を惜しまず、出してくれた。世界でベストのチームと対戦し、これ以上できないほどやってくれた」と称えた。

 PGを3本決めたスティーブンスは「とてもいいキックができた」と175センチの小さな体で胸を張った。その上で、ナミビアを後押しした会場の雰囲気について「本当に素晴らしかった。ナミビアではこのようなスタジアムでプレーする機会はなかなかない。素晴らしい応援、サポートの空気を感じた」と感謝した。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集