[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

南ア主将、決勝T前進に「チームを誇りに思う」 両軍でお辞儀&日本語で感謝を表現

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は4日、静岡でプールBの南アフリカ対イタリアが行われ、南アフリカが49-3で勝利した。4万4148人の観衆の前で7トライを決めた南アフリカはボーナスポイントも獲得し、2勝1敗で勝ち点10。決勝トーナメント進出に向けて、大きく前進した。試合後は両チームがそろってスタンドにお辞儀をして感謝を示した。

主将のFLシヤ・コリシ【写真:荒川祐史】
主将のFLシヤ・コリシ【写真:荒川祐史】

イタリアは後半レッドカードで14人体制、食らいつくも及ばず

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は4日、静岡でプールBの南アフリカ対イタリアが行われ、南アフリカが49-3で勝利した。4万4148人の観衆の前で7トライを決めた南アフリカはボーナスポイントも獲得し、2勝1敗で勝ち点10。決勝トーナメント進出に向けて、大きく前進した。試合後は両チームがそろってスタンドにお辞儀をして感謝を示した。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 ここまで2連勝と波に乗るイタリアは前半開始直後にPRフェラーリが右太腿を痛めて負傷交代するアクシデントに見舞われる。一方、1勝1敗でこの日を迎えた南アフリカは5分、敵陣22メートル内からの連続攻撃を仕掛けると、素速いパス回しから最後は俊足WTBコルビにつなぎ、ゴール右隅へ先制トライ。コンバージョンも決まって7点を先制した。

 決勝トーナメント進出に向けて、両チームともに必勝の一戦。イタリアは8分にペナルティーゴールで3点を返すと、その3分後に南アフリカもペナルティーゴールを決めて7点リードをキープ。戦前の下馬評では南アフリカが優勢とされていたが、互いに一歩も譲らぬ接戦が展開された。再びスコアが動いたのは26分。南アフリカはHOムボナンビが今大会3つ目のトライ。イタリアに攻め込まれる場面もあったが、強力なデフェンスでこれを凌ぎ、17-3とリードして前半を折り返した。

 後半は開始早々、イタリアがパスをつないで敵陣ゴール手前まで攻め込んだが、ラックでボールを奪われると、PRロボッティが危険なタックルでレッドカード。後半開始2分から14人での戦いを強いられる。南アフリカは後半10分にペナルティーゴールを決めて3点を追加。この直後のキックオフを受けた南アフリカはスピーディーな攻撃で敵陣へ攻め込むと、SOポラードのキックパスを右サイドライン際に走り込んだWTBコルビが完璧なタイミングでキャッチしてトライ。25-3とリードを広げた。

 さらに17分、攻守が激しく移り変わる展開の中、ハーフウェーライン付近で南アフリカのCTBアムがパスをインターセプト。そのままゴールまで約50メートルを独走して、チーム4つ目のトライを決めてボーナスポイントを手に入れた。27分、36分、終了間際の42分にもトライ。終わってみれば、7トライで49-3と大差のついた試合となった。身長170センチのコルビは俊敏性を生かして2トライ。プレーヤー・オブ・ザ・マッチに輝いた。

 試合後の場内インタビュー。主将のFLシヤ・コリシは「HCは6人のフォワードをベンチに置いた。FWで優位に立ってコントロールするものだった」と試合前のプランを明かした。今日のパフォーマンスについては「チームメイトを誇りに思う。大変だったここ2週間にハードワークした。特にコーチ陣やマネジメント陣はできる限りの情報を提供してくれた」と感謝。最後にスタンドのファンに向かって「アリガトウゴザイマス!」と日本語で挨拶し、4万4148人の歓声を浴びた。

 この結果、南アフリカとイタリアは3試合を終えて2勝1敗、勝ち点10となり、両国に敗れているナミビアの1次ラウンド敗退が決まった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集