[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

南アフリカ、イタリアに前半17-3で最強フィジカル全開 決勝T進出なら日本のA組と激突

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は4日、静岡・エコパスタジアムでB組の世界ランク5位・南アフリカと同12位・イタリアが激突し、南アフリカが17-3とリードして前半を折り返した。1次リーグを突破すれば、準々決勝で日本のいるA組と対戦予定。7大会連続7度目の出場で優勝2度を誇る世界屈指のフィジカル軍団が強さを見せている。

南アフリカがリードして前半を終える【写真:荒川祐史】
南アフリカがリードして前半を終える【写真:荒川祐史】

B組南アフリカ-イタリア

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は4日、静岡・エコパスタジアムでB組の世界ランク5位・南アフリカと同12位・イタリアが激突し、南アフリカが17-3とリードして前半を折り返した。1次リーグを突破すれば、準々決勝で日本のいるA組と対戦予定。7大会連続7度目の出場で優勝2度を誇る世界屈指のフィジカル軍団が強さを見せている。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 先制したのは、優勝候補の南アフリカだった。前半7分だ。身長170センチの小兵WTBチェスリン・コルビが魅せた。右の大外残り約10メートルでパスを受けると、巧みなステップで1人をかわし、右隅にトライ。幸先よく先制すると、コンバージョンも決めて主導権を握った。

 一方、イタリアは8分にペナルティゴールで3点を返す。しかし、南アフリカも12分にペナルティゴールで応戦して10-3とした。26分はフィジカルを生かしたモールで強引に前進し、最後はHOムボンゲニ・ムボナンビがトライを決めた。自陣での防御におわれる場面もあったが、壁となって立ちはだかっている。

 南アフリカはV候補対決となった初戦のニュージーランド戦こそ13-23で落としたが、2戦目のナミビアには57-3と圧倒。ニュージーランドとの2強と目されるグループで、9トライした前戦の勢いそのままに確実に勝利を掴みたい。イタリアは初戦でナミビアに7トライ47得点、2戦目のカナダにも7トライで48得点と2戦連続でボーナスポイントを獲得。南アフリカより間隔が2日長い中7日で迎えた。

 B組1位が日本のいるA組2位と、B組2位がA組1位と準々決勝で対戦する。イタリアが勝てば、3連勝で決勝トーナメント進出が決定。すでに1敗している南アフリカは、負ければ厳しい状況に立たされる。この試合で南アフリカがボーナスポイント付きで勝利すると、勝ち点10となり、ナミビアの1次ラウンド敗退が決定する。

【B組順位表】
1.イタリア 勝ち点10
2.ニュージーランド 勝ち点9
3.南アフリカ 勝ち点5
4.ナミビア 勝ち点0
5.カナダ 勝ち点0

※全チームが2試合消化

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集