[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

アイルランド「立ち直るのには時間が…」 日本戦敗北から学び、中4日修正力に強さ

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は3日、神戸でプールAのアイルランド対ロシアが行われ、アイルランドが35-0で勝利を飾った。敗れたロシアはこれで3戦全敗となり、参加20チームの中で最も早く1次ラウンド敗退が決まった。9月28日に日本を相手に手痛い黒星を喫したアイルランドは5トライでボーナスポイントが加わり、勝ち点5を確保。日本も関わる決勝トーナメント進出争いは混戦模様となっている。

ジョーダン・ラーマー【写真:Getty Images】
ジョーダン・ラーマー【写真:Getty Images】

混戦模様のA組で貴重なボーナス点獲得、日本戦で「学ぶことは学んだ」

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は3日、神戸でプールAのアイルランド対ロシアが行われ、アイルランドが35-0で勝利を飾った。敗れたロシアはこれで3戦全敗となり、参加20チームの中で最も早く1次ラウンド敗退が決まった。9月28日に日本を相手に手痛い黒星を喫したアイルランドは5トライでボーナスポイントが加わり、勝ち点5を確保。日本も関わる決勝トーナメント進出争いは混戦模様となっている。

【PR】ラグビーW杯は連日熱戦展開中! 悲願の8強入り! 日本、決勝T進出!! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 日本戦から中4日で貫録の勝利を見せたアイルランド。FBロブ・カーニーに代わって後半9分から途中出場したジョーダン・ラーマーは試合後、日本特有の湿気について「かなり汗をかいた。なのでどうしても、ボールがぬるぬる手から滑りおちてしまいそうな感じがあった。かなりタフでボールが滑り落ちそうになったんですけど。タフなコンディションの中でもうまくプレーできたかな」と淡々。「スプレーでスリップしないように対応したけど、それでもやっぱり汗をはかくし、湿気は多いし、汗だくになってかなりタフな条件だった」と振り返った。

 それでもバックスからチームを支え、日本戦から防御を改善。敗北後にミーティングを重ねて修正に励んだという。「(日本戦は)私たちが思ったような結果にはならなかった。やはり、なかなか落ち込んだ状態から立ち直るのには時間がかかった。ただ、教訓はあったので、学ぶことは学んで、この試合でチームのプレーを見せることができた」。短い時間で立て直し、世界最高峰の強さを発揮。ラーマーは続けた。

「日本のアタックに対して、選手のディフェンスが不十分だった。今週のフォーカスはそこ。ロシア人は非常に体格がいいです。今週は特にディフェンスが重要でした。毎回そうなんですけどね。先週は残念だったし、立ち直るのに少し時間がかかったけど、またモチベーションを高めて試合に臨んだ。これからも改善できるところはしていきたい」

 世界ランク4位のアイルランドは、12日の世界15位・サモアとの1次リーグ最終戦でボーナスポイントを含めた勝ち点5を獲得すれば、合計勝ち点が16となり、他国の結果に関わらず2位以上が確定。今日の勝利によって2勝1敗で自力突破を可能に。この日は敗戦からの復活を後押しするように大勢のファンが詰めかけ、過去2試合よりも大きなアンセムが鳴り響いた。

「サポーターの声は届いていました。それが力になりました。世界中どこで試合をしてもアイルランドのサポーターは見に来てくれる。どこに行ってもホームゲームのように試合ができる。どこでも一緒についてきてくれるのでとても嬉しい。

 グリーンのジャージを着てアンセムを歌うのは特別で光栄なこと。国のために、国の代表としてプレーするのは夢なので、そういうチャンスに恵まれたことはとても嬉しく思う。グリーンのジャージを着られるのは誇りに思うこと」

 大舞台で国歌を歌うことに誇りがある。敗北を糧にさらなる強さを増して立ち上がったようだ。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集