[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

アイルランド決勝T進出へ勝ち点5を確保、3連敗ロシアは今大会最速1次R敗退決定

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は3日、神戸でブールAのアイルランド対ロシアが行われ、アイルランドが35-0で勝利を飾った。敗れたロシアはこれで3戦全敗となり、参加20チームの中で最も早く1次ラウンド敗退が決まった。9月28日に日本を相手に手痛い黒星を喫したアイルランドは5トライでボーナスポイントが加わり、勝ち点5を獲得。混戦模様のプールAでの決勝トーナメント進出に望みをつないだ。

アイルランドが勝利【写真:石倉愛子】
アイルランドが勝利【写真:石倉愛子】

混戦模様のプールAで貴重なボーナスポイント獲得

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は3日、神戸でブールAのアイルランド対ロシアが行われ、アイルランドが35-0で勝利を飾った。敗れたロシアはこれで3戦全敗となり、参加20チームの中で最も早く1次ラウンド敗退が決まった。9月28日に日本を相手に手痛い黒星を喫したアイルランドは5トライでボーナスポイントが加わり、勝ち点5を確保。日本も関わる決勝トーナメント進出争いは混戦模様となっている。

【PR】ラグビーW杯は連日熱戦展開中! 悲願の8強入り! 日本、決勝T進出!! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 前戦で日本に敗れたアイルランドは、この日、司令塔にセクストンが復帰。この試合は是が非でも白星を飾りたい緑の勇者達は試合前、スタジアムの約9割を埋めるサポーターとともにアンセム「アイルランズ・コール」を大音響で轟かせた。先制したのはアイルランド。ロシアのキックオフを受けて攻め込んだところから、開始約90秒でFBのカーニーが抜け出し、ハンドオフでディフェンスをかわしながらトライ。コンバージョンも決まり、7点を先制する。

 さらに12分、SOセクストンの放ったグラバーキックを、走り込んだLOオマホニーが抑え込んでトライ。コンバージョンも決まり、14点差に引き離した。その後は両チームともに、湿気のためかハンドリングミスが多発。要所でボールが手につかず、アイルランドが攻め込む局面が多いものの、なかなかスコアは動かなかった。

 前半32分にロシアのLOフェドトコが危険なプレーでイエローカード。シンビン(10分間の一時退場)で14人での戦いを余儀なくされたロシアを、ゴール前から容赦なく攻め立てたアイルランドは、34分にLOラドックがラックから押し込んでゴールポスト下にトライ。セクストンのコンバージョンも決まり、21-0で前半を折り返した。

 後半はロシアが粘りを見せて一進一退の攻防を展開。だが、後半9分に途中出場したLOオストリコフが1分も経たない間にイエローカード。ロシアは再び14人での戦いを強いられた。ここでアイルランドが奮起。一時は防戦が続いたが、21分にSHマグラスのショートパントをWTBアールズ、コンウェーとつないでトライ。この日4トライ目を決めてボーナスポイントを獲得した。試合終了直前にもトライを決めて35-0と圧勝した。

 日本戦敗北から中4日で勝ち点5を確保したアイルランド。決勝トーナメント進出に前進し、場内インタビューに応じたセクストンは「先週からの巻き返しの意味でも、ボーナスポイントを獲得しての勝利は、我々が求めていた通りのもの。ロシアはよく組織されていた」とコメントした。

 今大会は日本特有の湿気もあり「ボールが滑りやすくて難しい環境下だったが、5ポイント獲得できてよかった」と笑顔。昨年の世界最優秀選手に輝いた名手は「何を言えばいいかわからないけれど、どのW杯や大会でも我々を信じられないほどサポートしてくれる。ここにこれだけのアイルランドファンがいるのは、本当に信じられない。あとは最終戦のサモア戦に向けて準備するだけ」と観客に感謝を述べた。次戦は12日にサモア戦を残している。

【プールA順位表】
1.アイルランド 勝ち点11
2.日本 勝ち点9
3.スコットランド 勝ち点5
4.サモア 勝ち点5
5.ロシア 勝ち点0

※アイルランドとロシアは3試合消化

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集