[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ボールが顔面直撃 快勝フィジーPRが“よそ見”で珍ハプニング 会場どよめき&苦笑い

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は3日、大阪・大阪・東大阪市花園ラグビー場で行われたD組の世界ランク12位・フィジーが同11位・ジョージアに45-10で快勝。2連敗から今大会初勝利を飾り、西の聖地・花園のファンを沸かせたが、試合中にはまさかの珍プレーがあった。大会公式インスタグラムも動画付きで投稿している。

フィジーのマナサ・サウロ【写真:荒川祐史】
フィジーのマナサ・サウロ【写真:荒川祐史】

フィジーPRマナサ・サウロが試合中によそ見をしていると…

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は3日、大阪・大阪・東大阪市花園ラグビー場で行われたD組の世界ランク12位・フィジーが同11位・ジョージアに45-10で快勝。2連敗から今大会初勝利を飾り、西の聖地・花園のファンを沸かせたが、試合中にはまさかの珍プレーがあった。大会公式インスタグラムも動画付きで投稿している。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 拮抗した試合を演じた前半から一転、後半はフィジーが6トライを奪ったが、猛攻を仕掛ける中で珍プレーが発生した。後半途中、フィジーが密集から右に展開しようとパスを出した直後だった。ボールは綺麗な回転のかかったまま、真っすぐに飛んでいく。ナイスパスだ。と思ったのもつかの間、受け手のPRマナサ・サウロがよそ見をしていたのだ。

 プレーを見ていなかったサウロ。別の方向を見ながら歩いてると、突然、左のこめかみにボールが直撃した。頬のお肉が揺れ、よろけるサウロ。見る側も思わず笑ってしまう珍事に、本人もバツが悪そうに苦笑いするしかなかったようだ。

 21日の初戦でオーストラリアに21-39で敗れたフィジー。ウルグアイ戦で2連敗となり、後がない状況だった。最後に格上のウェールズ戦(9日)が残る。D組の勝ち点は、3試合を終えたフィジーが7、ジョージアが5、2試合のウェールズ9、オーストラリア6、ウルグアイ4となっている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集