[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

赤ん坊がつないだ“ノーサイドの絆” 米仏選手の心温まる交流に反響「美しい瞬間」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は2日、福岡・東平尾公園博多の森球技場で「死の組」C組では世界ランク7位・フランスと同13位・米国が激突し、5トライを奪ったフランスが33-9で2連勝を飾った。接戦の末に最後は“レ・ブルー”が貫録を見せた試合後には感動的なシーンが。大会公式がSNSで動画付きで公開し、海外ファンの反響を集めている。

試合後、互いの健闘を讃えるフランスと米国【写真:荒川祐史】
試合後、互いの健闘を讃えるフランスと米国【写真:荒川祐史】

赤子を抱いた米選手とフランス選手が試合後に交流するシーンが話題に

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は2日、福岡・東平尾公園博多の森球技場で「死の組」C組では世界ランク7位・フランスと同13位・米国が激突し、5トライを奪ったフランスが33-9で2連勝を飾った。接戦の末に最後は“レ・ブルー”が貫録を見せた試合後には感動的なシーンが。大会公式がSNSで動画付きで公開し、海外ファンの反響を集めている。

【PR】ラグビーW杯は連日熱戦展開中! 悲願の8強入り! 日本、決勝T進出!! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 試合が終われば敵味方は関係ない。これぞノーサイド、これぞラグビーともいうべき瞬間だった。試合終了後、健闘を称えあう両チーム。続々とロッカールームに引き上げていく中で、2人の選手がピッチに残った。

 米国のピーターソンと、フランスのセランだった。203センチの長身ピーターソンの両手には小さな赤ちゃんが。自らのジュニアだ。そして向かい合って、満面の笑みを浮かべながら赤子をあやすセラン。すっかり心奪われている様子で、2人は何事か言葉を交わし合っている。

 なんとも心温まるシーンを、大会公式ツイッターは「素晴らしい瞬間。ラグビーワールドカップのフランス―米国後、グレッグ・ピーターソンが赤ちゃんを連れてピッチに」と題して動画つきで公開。ピッチ上にはたった2人だけとなっていたが、和やかな一部始終の会場のファンも、そしてSNS上のファンも胸を打たれている様子だ。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集