[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

オールブラックス、今大会最多63得点でカナダに大勝 バレット3兄弟が全員トライの快挙

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は2日、大分でプールBのニュージーランド対カナダが行われ、世界ランク1位のニュージーランドが今大会最多タイとなる9トライを奪い、63-0で圧勝した。前半に4トライを奪ってボーナスポイントを確定させ、勝ち点5を獲得。プールBはこれで全チームが2試合ずつを終え、勝ち点9のニュージーランドは勝ち点10のイタリアに次ぐ2位につけている。

ニュージーランドがカナダに快勝【写真:石倉愛子】
ニュージーランドがカナダに快勝【写真:石倉愛子】

今大会最多タイの9トライ、途中出場サベアはW杯史上初のゴーグル着用

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は2日、大分でプールBのニュージーランド対カナダが行われ、世界ランク1位のニュージーランドが今大会最多タイとなる9トライを奪い、63-0で圧勝した。前半に4トライを奪ってボーナスポイントを確定させ、勝ち点5を獲得。プールBはこれで全チームが2試合ずつを終え、勝ち点9のニュージーランドは勝ち点10のイタリアに次ぐ2位につけている。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 キックオフ前には戦いの儀式「ハカ」で、スタジアムに集まった3万4411人の観客を興奮の渦に巻き込んだオールブラックス。前半4分にスクラムから主将でNO8のリードが先制トライを奪い、主導権を握った。カナダに隙を与えないオールブラックスは前半だけで4トライを奪い、コンバージョンも全て成功。ボーナスポイントを確定させ、28-0で折り返した。

 後半が始まると1分もしないうちに、WTBイオアネがトライ。サモア代表でもあった父エディーは元リコーの選手で、リーコとい名前はリコーと知人の娘の名前にあやかるものだという。後半4分にはLOスコット・バレットがトライ。前半8分にはWTBジョーディー、35分にはFBボーデンがトライを決めており、NZ史上初の3兄弟スタメン出場&トライを決める快挙を遂げた。また、W杯史上を見ても3兄弟が揃って先発出場するのは、1995年大会のブニポラ兄弟(トンガ)以来、2組目のことだった。

 また、後半30分にはFLサベアが登場。視力が低下する左目を保護する目的でゴーグルを着用してプレーしたが、これはW杯史上初めての出来事だった。サベアは相手を恐れず果敢にタックルを連発。トライチャンスでノックオンとなる場面もあったが、FLとして体を張ってチームを支えた。

 ニュージーランドは後半も終始、容赦ない攻撃を続け、今大会最多タイとなる9トライ、同最多となる63点を奪い、カナダを零封した。9度のコンバージョンを全て成功させたSOリッチー・モウンガがプレーヤー・オブ・ザ・マッチに。ここまでの今大会最多得点&最大得点差は、28日に南アフリカがナミビアを下した57-3だったが、ともに塗り替える圧勝で2連勝となった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集