[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日本、繰り返された金星の歴史 4年前を知る田中史朗も感慨「1回だけじゃないよと…」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は28日、A組第2戦で世界ランク9位日本が同2位アイルランドと静岡・エコパスタジアムで対戦し、19-12で撃破。4年前のイングランド大会の南アフリカ戦に続く、大金星を演じた。当時を知るSH田中史朗は『1回だけじゃないよ』と世界に伝えられた」と喜びをかみしめた。

歓喜の抱擁を交わす田中(右)【写真:荒川祐史】
歓喜の抱擁を交わす田中(右)【写真:荒川祐史】

南ア戦も経験した田中「相手が油断しない中で日本のレベルアップを体現できた」

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は28日、A組第2戦で世界ランク9位日本が同2位アイルランドと静岡・エコパスタジアムで対戦し、19-12で撃破。4年前のイングランド大会の南アフリカ戦に続く、大金星を演じた。当時を知るSH田中史朗は『1回だけじゃないよ』と世界に伝えられた」と喜びをかみしめた。

【PR】ラグビーW杯は連日熱戦展開中! 悲願の8強入り! 日本、決勝T進出!! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 もう奇跡とは言わせない。繰り返した歴史に、4年前を知る男は格別だった。9-12と劣勢で後半16分から投入された田中はベテランらしい的確な判断とパスワークで日本にリズムをもたらした。3分後には自身からパスがつながり、福岡堅樹が逆転トライ。これが、そのまま決勝ゴールになった。勝利の瞬間、ピッチで歓喜を味わった34歳は「アイルランドは今日もミスが多かったし、こっちがボールをキープしていれば、相手が前半でバテててくれて、後半で自分たちのプレーができた」と戦いぶりに胸を張った。

 15年大会、日本スポーツ史上最大の番狂わせと言われた南アフリカ戦。当時にピッチに立っていた一人が田中だった。4年の時を経て、世界を再び驚かせる大金星。「日本のラグビーが成長して『1回だけじゃないよ』と世界に伝えられた」と顔をほころばせた。「南ア戦の時はみんながそんなに……という(期待が少ない)中で勝った。相手が油断していたと言う人もいたけど、今回はそういうこと(4年前)があっての試合。相手が油断しない中で勝てて、日本のレベルアップを体現できた」と喜びもひとしおだ。

 ただ、本人にとっては「ティア1」の世界的強豪を破ったことより嬉しかったことがある。「W杯の会場にこれだけのお客さんが来てくれたこと。これを若手の子らが継続していってくれたら」と4万7813人のファンに感謝し、後輩たちに思いを託した。しかし、大会は続く。まず、目指すは8強入り。「やることは変わらない。自分たちの戦術に沿って準備したい」。話し終える頃には、すっかりと落ち着いた口調で次戦のサモア戦(10月5日)を見据えた田中。これはまだ日本が築く新たな伝説の序章にしか過ぎない。

(THE ANSWER編集部)

「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集