[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

南アフリカ、今大会最大得点差の57-3で今大会初勝利 9トライでナミビア寄せつけず

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は28日、愛知・豊田スタジアムで世界ランク5位の南アフリカが同23位のナミビアを57-3で下し、今大会初勝利を飾った。B組でともに初戦を落とした国同士の対決で、4トライ以上のボーナスポイントを含め勝ち点5を獲得。ナミビアは2連敗で決勝トーナメント進出が厳しくなった。

南アフリカが今大会初勝利【写真:Getty Images】
南アフリカが今大会初勝利【写真:Getty Images】

B組南アフリカ-ナミビア

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は28日、愛知・豊田スタジアムで世界ランク5位の南アフリカが同23位のナミビアを57-3で下し、今大会初勝利を飾った。B組でともに初戦を落とした国同士の対決で、4トライ以上のボーナスポイントを含め勝ち点5を獲得。ナミビアは2連敗で決勝トーナメント進出が厳しくなった。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 南アフリカは前半9分にHOムボンゲニ・ムボナンビが先制トライを挙げると、17分にも同選手がトライ。前半だけで5トライを奪って主導権を握ると、後半も攻撃の手を止めることなく4トライを加えた。54点差での勝利は、イングランドが米国を45-7で下した38点差を上回る今大会最大得点差。力の差を見せつけて完勝した。

 2007年以来3度目の優勝を狙う南アフリカは、21日のニュージーランド戦を13-23で落とした。1次リーグ突破には負けられない一戦だった。W杯初勝利を目指したナミビアは、初戦でイタリアに先制トライを含む3トライを決めるなど健闘したものの、22-47で敗北。人口約253万人のアフリカの小国が、成人男子の競技人口約800人から選ばれた代表戦士が大国・南アフリカの前に2連敗となった。

 B組は2試合を終えたイタリアが勝ち点10、南アフリカが5、ナミビアが0。1試合しか消化していないニュージーランドが4、カナダが0となっている。10月2日にニュージーランドとカナダが大分スポーツ公園総合競技場で対戦する。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集