[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フィジー、自滅で連敗 格下ウルグアイに金星献上でHCガックリ「ミスが多すぎた」

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は25日、大会6日目を迎え、岩手・釜石鵜住居復興スタジアムでは世界ランク10位のフィジーが、同19位の格下ウルグアイに27-30で敗れる波乱が起きた。フィジーは21日のオーストラリア戦に続く2連敗。ウェールズ、ジョージアとの対戦を残し、決勝トーナメント進出が厳しい状況となった。

オーストラリア戦に続く2連敗となったフィジー【写真:Getty Images】
オーストラリア戦に続く2連敗となったフィジー【写真:Getty Images】

5トライ奪うもコンバージョン成功は1回だけ

 ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は25日、大会6日目を迎え、岩手・釜石鵜住居復興スタジアムでは世界ランク10位のフィジーが、同19位の格下ウルグアイに27-30で敗れる波乱が起きた。フィジーは21日のオーストラリア戦に続く2連敗。ウェールズ、ジョージアとの対戦を残し、決勝トーナメント進出が厳しい状況となった。

【PR】ラグビーW杯日本大会は大激戦の末、南アフリカが優勝! 日本は悲願のベスト8…感動と興奮をありがとう! 「DAZN」でハイライト配信視聴可能、“初月無料キャンペーン実施中”!

 ウルグアイを相手に自滅した。フィジーは先制トライこそ奪ったが、コンバージョンは失敗。その直後、ウルグアイにトライとコンバージョンを決められ逆転を許すと、オフロードパスでのミスが続いたり、セットプレーでの息が合わなかったり、次々と重ねたミスをウルグアイに狙われた。前半を終えて12-24のダブルスコア。CTBバトゥンブアは「自分たちのプレーができずに焦りもあった。後半は落ち着いてボールをキープしようと声を掛け合った」と振り返る。その甲斐もあってか、後半には3トライを決めたが、いずれもコンバージョンを失敗。結局、27-30とわずか3点差で敗れた。

 フィジーのジョン・マキー・ヘッドコーチ(HC)は、21日のオーストラリア戦から中3日しか空かなかった過密スケジュールに言及しながらも、「今日はミスが多すぎた。コンバージョンが決まらなかっただけじゃない。他にもミスがたくさんあった」とため息。「根本的なミスを犯さなければ、違う結果になっていた場面もあった」と悔やんだ。

 昨年11月には68-7と大勝していた相手だけに「過小評価していたのでは?」と手厳しい質問も飛んだが、「彼らがこの試合を勝利のチャンスと見ていたのは分かっている。オーストラリア戦と同じ気持ちで試合に臨んだ」と否定。「ウルグアイの勝利を称えたい。今日は彼らの方がいいチームだった」と潔く負けを認めた。

 フィジーはこの後、ジョージア、ウェールズと厳しい戦いが続くが、なんとか勝利を勝ち取りたい。

(THE ANSWER編集部・佐藤 直子 / Naoko Sato)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集