[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平は「ダルビッシュ+本塁打王」 米メディアがMLBNo.1に選出、根拠の数値とは

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が、米メディアの「今季のトップ100選手」で1位に選ばれた。セイバーメトリクスの指標「WAR」などを用いて独自にリストアップ。大谷について「史上最高の新たな二刀流選手ここにあり」と絶賛している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

米メディアが今季トップ100選手を選出、1位は大谷翔平

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が、米メディアの「今季のトップ100選手」で1位に選ばれた。セイバーメトリクスの指標「WAR」などを用いて独自にリストアップ。大谷について「史上最高の新たな二刀流選手ここにあり」と絶賛している。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 圧倒的な記録を残した。「2021年シーズンのトップ100MLB選手ランキング」との見出しで特集を組んだのは、米スポーツメディア「ブリーチャー・リポート」だった。記事では、打撃、走塁、守備、投球を総合的に評価して選手の貢献度を表すセイバーメトリクスの指標「WAR」に加え、独自の方法で選手を評価。1位に大谷を選出した。

 米野球専門データサイトの「ベースボール・リフェレンス」と「ファングラフス」を参考にしたWARを使用。大谷は両サイトの平均値が8.6で、100人中トップだったことを伝え、「このリストを作るのに数週間かかった後でも、オオタニの2021年には驚かされる」と強調した。さらにこう伝えている。

「ブラディミール・ゲレーロJr.のようにボールをかっ飛ばし、ユウ・ダルビッシュと同じ確率で三振を奪った」「ブレット・ローガンよ、席を譲れ。史上最高の新たな二刀流選手ここにあり」

 投打でリーグトップクラスの活躍だったことに触れ、1920、30年代に米ニグロリーグで二刀流で活躍したブレット・ローガン氏を引き合いに称賛した。2位にはフアン・ソト(ナショナルズ)、3位にはア・リーグの本塁打王を獲得したゲレーロJr.(ブルージェイズ)が選出されている。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集