[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

今季46本塁打の大谷翔平 MLB公式サイトが「141m特大33号」を抑えて選んだNo.1は?

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は46本塁打を放ち、リーグ3位を記録。二刀流でプレーしながら、一時はホームラン王争いを独走し、話題をさらった。MLB公式サイトはこの46本を独自に格付けし、トップ5を紹介している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

MLB公式サイトが独自に格付け、2位は7月のマリナーズ戦で放った特大弾

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手は46本塁打を放ち、リーグ3位を記録。二刀流でプレーしながら、一時はホームラン王争いを独走し、話題をさらった。MLB公式サイトはこの46本を独自に格付けし、トップ5を紹介している。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 1位に選出したのは4月4日(日本時間5日)、本拠地ホワイトソックス戦で放った2号ソロだった。メジャー初の「2番・投手」でメジャー初となる投打同時出場。その第1打席だった。初回のマウンドを終えた直後、右腕ディラン・シーズの速球をとらえ、右翼席に放り込んだ。打球速度185キロの137メートルの豪快弾。打った瞬間の確信ぶりだった。今回の記事では、こう寸評に記している。

「大谷にとって今季2本目の本塁打だったが、歴史的なシーズンが訪れる前兆だった。今季初登板で初回に100マイル超えを9球投げた後、第1打席で初球をかっ飛ばした。2015年以降エンゼルスの選手として最速弾だった」

 2位には7月9日(同10日)に敵地マリナーズ戦で打った141メートルの特大33号ソロを選出し、「これはオオタニの計り知れないパワーを示すものだった。右翼上段にソロホームランをぶっ放した。1999年に球場がオープンしてから6度しか到達していないエリアだ」と絶賛したが、4月に放った2号は二刀流で席巻するシーズンの予兆となったことの価値は、それを上回るものと評価したようだ。

 なお、3位には6月25日(同26日)の敵地レイズ戦でメジャー初の先頭打者弾。4位には「1番・投手」で先発した8月18日(同19日)の敵地タイガース戦で両リーグ最速の40号ソロ。5位には5月16日(日本時間17日)に敵地レッドソックス戦の9回に放った逆転12号2ランを選出している。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集