[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、凡フライと思ったらグリーンモンスター越え 特大弾に米唖然「天変地異だ」【今季の二刀流】

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平は投手として9勝、打者として46本塁打、走っては26盗塁と歴史的シーズンを送った。MVPの発表に向け、二刀流の「凄さ」を月ごとに振り返る。今回は5月。レッドソックス本拠地の左翼に高くそびえ立つ「グリーンモンスター」を越える11号を放ったが、泳がされ、不完全な体勢で運んだものだった。球場がどよめきに包まれた映像をMLBが公開。「オオタニはおかしい」と米記者からも驚きの声があがった。

5月、グリーンモンスターを越える11号ソロを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
5月、グリーンモンスターを越える11号ソロを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

MVPへ大谷翔平の「凄さ」を回顧、崩されたのに放った特大弾とは…

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平は投手として9勝、打者として46本塁打、走っては26盗塁と歴史的シーズンを送った。MVPの発表に向け、二刀流の「凄さ」を月ごとに振り返る。今回は5月。レッドソックス本拠地の左翼に高くそびえ立つ「グリーンモンスター」を越える11号を放ったが、泳がされ、不完全な体勢で運んだものだった。球場がどよめきに包まれた映像をMLBが公開。「オオタニはおかしい」と米記者からも驚きの声があがった。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 11月6日オープン、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」とは

 なぜこの打ち方で、あの高い壁を越えられるのか……。14日(日本時間15日)のレッドソックス戦で大谷がまたも衝撃の打球を飛ばした。6回、右腕ピベッタが投じた外角低めいっぱいのナックルカーブに反応。しかし、タイミングが合わず泳がされた。体を前方に崩しながらもバットに当てると、打球は逆方向へ高く上がった。

 平凡なフライかとも思われたが、ボールはグングン伸びる。何と左翼にそびえたつ37フィート(約11.3メートル)のグリーンモンスターを越え、スタンドに入った。衝撃の11号に敵地はどよめきに包まれた。

 実際の映像をMLB公式ツイッターが公開。またカルフォルニア州のTV局「KESQ」のスポーツディレクターのブレイク・アーサー氏は「オオタニはおかしい。タイミングが合っていなかったが、球を逆方向に飛ばした。天変地異が起きている」と驚愕をツイート。米紙「ロサンゼルスタイムズ」のエンゼルス番ジャック・ハリス記者も「オーバー・ザ・モンスター」などとツイッターに投稿した。

 5月は衝撃的な本塁打を複数放った大谷。最終的にはリーグ3位の46本塁打となり、投手としても防御率3.18、156奪三振を奪うなどエースとして躍動した。歴史的シーズンでは幾度となく日米を驚かせ、MVP最有力となっている。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集