[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、衝撃パワー証明した“片手フェンス直撃打”に米驚愕「この男はヤバい」【今季の二刀流】

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平は投手として9勝、打者として46本塁打、走っては26盗塁と歴史的シーズンを送った。MVPの発表に向け、二刀流の「凄さ」を月ごとに振り返る。今回は月間7本塁打を放った4月。優れたパワーが米国を賑わせ始めた時だったが、中でも驚かれたのは9日(日本時間10日)に打った二塁打だ。球団が動画を公開すると、米ファンから「片手でフェンスまで飛ばすとか笑ってしまう」と衝撃の声があがった。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

MVPへ大谷翔平の「凄さ」を回顧、泳がされても凄まじい打球とは

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平は投手として9勝、打者として46本塁打、走っては26盗塁と歴史的シーズンを送った。MVPの発表に向け、二刀流の「凄さ」を月ごとに振り返る。今回は月間7本塁打を放った4月。優れたパワーが米国を賑わせ始めた時だったが、中でも驚かれたのは9日(日本時間10日)に打った二塁打だ。球団が動画を公開すると、米ファンから「片手でフェンスまで飛ばすとか笑ってしまう」と衝撃の声があがった。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 泳がされて、インパクトの瞬間はしかも片手。それでもあと少しで柵越えという衝撃の打球だった。敵地ブルージェイズ戦、2回2死満塁の打席。大谷は相手右腕T.J.ゾイクの外角変化球にタイミングが合わなかった。最後は右手一本でとらえる。すると、ライト方向への打球はグングン伸びていった。右翼手がジャンプするも届かない、フェンス上部に直撃する3点二塁打となった。

 驚愕のシーンを球団公式ツイッターが動画で公開。SNS上の米ファンも唖然とした様子で「この男はヤバい」「狂気のパワー」「本当に現実離れしている」「片手でフェンスまで飛ばすとか笑ってしまう」「簡単なスイングなのに」「ジャパニーズ・ベーブルース」などとコメントが相次いでいた。

 4月には2018年5月以来となる白星を手にするなど投手としても3試合に登板。4月4日(同5日)のホワイトソックス戦では渡米後初の投打同時出場を果たし、投げては5回途中2安打3失点、打っては137mの特大2号弾を放つなど米国でも話題となった。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集