[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、絶体絶命マリナーズの夢粉砕した46号に米記者「観衆は静まり返っている」

米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が3日(日本時間4日)、今季最終戦となった敵地マリナーズ戦に「1番・DH」で先発出場。初回の第1打席で46号となる先頭打者弾を放ち、100打点に乗せた。本塁打王こそならなかったものの、有終の美を飾った二刀流に米記者も驚きの声を上げている。

初回の第1打席で46号となる先頭打者弾を放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
初回の第1打席で46号となる先頭打者弾を放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

ポストシーズン進出の可能性があったマリナーズを粉砕した先頭打者弾

 米大リーグのエンゼルス・大谷翔平投手が3日(日本時間4日)、今季最終戦となった敵地マリナーズ戦に「1番・DH」で先発出場。初回の第1打席で46号となる先頭打者弾を放ち、100打点に乗せた。本塁打王こそならなかったものの、有終の美を飾った二刀流に米記者も驚きの声を上げている。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 最後の最後に大谷がらしさを見せた。初回先頭、左腕アンダーソンが投じた甘いカットボールを見逃さなかった。低い弾道で飛び出した打球は失速することなく、右翼席中段に着弾。ワイルドカードでのポストシーズン進出へ負けられないマリナーズにすれば、痛恨の一発となった。大谷がダイヤモンドを一周する間、スタジアムは沈黙した。米記者もツイッターで続々速報した。

 米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番サム・ブラム記者は「ショウヘイ・オオタニが先制46号本塁打を放ち、観客たちは静まり返った」と球場の沈黙ぶりをレポート。MLB公式サイトのマリナーズ番、ダニエル・クレイマー記者も「マリナーズは早くもビハインドスタート。ショウヘイ・オオタニが46号本塁打をぶち込んだ。打球速度112.9マイル(約181.8キロ)で飛距離は418フィート(約127.4メートル)」と伝えた。

 また、米スポーツ専門局「ESPN」のレポーター、アルデン・ゴンザレス氏は「ショウヘイ・オオタニはこれで100打点到達。他に何を求める?」と二刀流で到達した節目の記録に驚きを記した。マリナーズはこの試合に勝ち、ヤンキースかレッドソックスが負ければワイルドカードでのポストシーズン進出があったが、大谷の一発以降、主導権を握られると、3-7で敗れ、夢は途絶えた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集