[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

“第2のネリ”防ぐには海外も厳罰化を 日本人元世界王者の主張「明確な規則作らないと」

ボクシングのWBC世界バンタム級王座決定戦は22日(日本時間23日)、前WBC世界同級王者ルイス・ネリ(メキシコ)が前日計量でリミット53.5キロを約450グラム超過してクリアできず。一発クリアした前IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトルコ)との試合はキャンセルになった。キャリアの中で体重超過を繰り返す問題児。米国で2度の世界戦を経験した前WBO世界スーパーフェザー級王者・伊藤雅雪(横浜光)が「THE ANSWER」の取材に応じ、お騒がせ男の失態、ボクシング界のあるべき姿について語った。

ルイス・ネリ【写真:Getty images】
ルイス・ネリ【写真:Getty images】

2時間で450g減量は可能、元世界王者・伊藤雅雪「頑張らないのがネリ」

 ボクシングのWBC世界バンタム級王座決定戦は22日(日本時間23日)、前WBC世界同級王者ルイス・ネリ(メキシコ)が前日計量でリミット53.5キロを約450グラム超過してクリアできず。一発クリアした前IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトルコ)との試合はキャンセルになった。キャリアの中で体重超過を繰り返す問題児。米国で2度の世界戦を経験した前WBO世界スーパーフェザー級王者・伊藤雅雪(横浜光)が「THE ANSWER」の取材に応じ、お騒がせ男の失態、ボクシング界のあるべき姿について語った。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 伊藤は18年7月、日本人では37年ぶりに米国で世界王座を獲得する快挙を成し遂げた。日本で初防衛後、今年5月には再び米国のリングで戦った。王座陥落となったが、米国人相手に完全アウェーの世界戦を経験。プロキャリアで当たり前のように計量をクリアし、慣れない敵地での減量も乗り越えた。

 ボクシング界を揺るがす悪童ネリの計量失敗。初犯ではない。7月のフアンカルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)戦でも1度目の計量でオーバー。18年3月の山中慎介とのタイトルマッチでも1度目に2.3キロ、再計量も1.3キロの体重超過で試合前にタイトルを剥奪されるなど、問題を繰り返していた。山中はそれでもリングに上がったが、ネリ相手に2回TKO負けを喫していた。

 今回のネリの失態について、伊藤は率直な印象を明かした。

「あいつはやばいですよね。あまり考えていないように見えます。あそこまでやると、本当に追放されてしまいますよ。あと1ポンド(約450グラム)だったので、メキシカンというくくり方をしてはいけないかもしれませんが、ラテン系特有の雑さがあるなと思いました。日本人は1ポンドだったら、倒れるまで落とすじゃないですか。そこまで頑張らないのがネリらしい」

 残り450グラム。公式行事で行われたロドリゲスとのフェースオフなど、計量前のネリの体を画像で見た伊藤は「体格を見ていたらロドリゲスより、全然小さかったですし、落ちるでしょって思います。そこを落とさないのがネリらしい。やっぱりルールの中でやっているので、ああいうのはダメですよね」と強調した。映像を見る限り、計量台に向かうネリは、いわゆる“ヘロヘロ”の状態には見えない。本人にしか感覚はわからないが、外から見れば余裕があるように映った。

「450グラムなんて、頑張ったら落ちますからね。2時間あれば、450グラムは絶対に落ちるはず。それか倒れるか。(ネリが)そうとうカツカツの状態で来ていたとしても、倒れていない。究極までやらないと。それで死んだら元も子もないですけど。だったら、階級を変えるか、長期間試合をしてはいけないとか、罰金をいくら払うとか、そういう覚悟で計量会場に来るべき。体重が落ちていないとわかっているのであれば」

 ボクサーは公式計量に臨む前に予備計量を行い、自身の体重をチェック後、調整してから“本番”に向かうこともできる。ネリがオーバーを承知の上で公式計量に臨んだと捉えられておかしくない。

 ネリは将来的にWBAスーパー&IBF王者・井上尚弥(大橋)との対戦を熱望し、井上に対して再三、挑発していた。井上はネリ戦の中止決定からほどなく、ツイッターを更新。「ネリどうしようもねぇな、、また計量失格」と切り出すと「こんな奴にゴタゴタ言われたくない。ボクシング界から追放でいい」と切り捨てた。常に紳士的で冷静な井上にしては珍しく、怒りを露わにした文面だった。

 伊藤は「井上君が怒るのも当たり前ですし、あんなのは業界がみんな怒りますよ。あれをそのままにしておくのがよくない」と同調。「罰金ももっと払わせるべきだし、させないような形を作らないと、これからネリみたいなやつがいくらでも出るかもしれない」と説いた。プロとして計量をクリアするのは当たり前。この過酷さを知る伊藤も、プロ29戦を全て乗り越えてきた。

1 2 3 4
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集