[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥との再戦熱望 悪童ネリ撃破へ、ロドリゲスは不敵「勝ち続ける必要がある」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級で優勝したWBAスーパー&IBF王者の井上尚弥(大橋)。準決勝で井上に敗れた前IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)は23日(日本時間24日)、米・ラスベガスで前WBC王者ルイス・ネリ(メキシコ)との再起戦に挑む。井上相手にキャリア初黒星を喫した、前王者はグラスゴーのリングで残した悔いを告白。「経験を学ばせてもらった。また彼と戦いたい」と井上との再戦を熱望している。米誌「ザ・リング」が報じている。

エマヌエル・ロドリゲス【写真:Getty Images】
エマヌエル・ロドリゲス【写真:Getty Images】

日本時間24日の注目対決、ロドリゲスは井上との再戦のためにも負けられない一戦へ

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級で優勝したWBAスーパー&IBF王者の井上尚弥(大橋)。準決勝で井上に敗れた前IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)は23日(日本時間24日)、米・ラスベガスで前WBC王者ルイス・ネリ(メキシコ)との再起戦に挑む。井上相手にキャリア初黒星を喫した、前王者はグラスゴーのリングで残した悔いを告白。「経験を学ばせてもらった。また彼と戦いたい」と井上との再戦を熱望している。米誌「ザ・リング」が報じている。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 デオンテイ・ワイルダー(米国)対ルイス・オルティス(キューバ)のヘビー級タイトルマッチの前座で登場するロドリゲスは悪童ネリと拳を合わせる。5月にスコットランド・グラスゴーで行われたWBSS準決勝では、3度のダウンを奪われ、壮絶な2回TKO負けを喫して以来のリングだ。

「ネリと戦える素晴らしい機会を得て、最高に幸せだ。そこから世界タイトルに挑むつもりだ」

 井上に敗れ、王座を失った男はベルト奪還の決意を示している。

 対戦相手のネリは山中慎介との2度のタイトルマッチでドーピング違反と体重超過を犯した問題児。ハードパンチを誇る難敵に対して、ロドリゲスは「彼はとてもアグレッシブ。素晴らしい経験とスタミナ、打たれ強さ、動きもいい」と賛辞を並べたが、一方で「弱点? 全て対戦相手次第になる。元世界王者でエリートレベルのファイターとの対戦の準備は整った。ファイトが終わったら、彼の弱点について話し合おうじゃないか」と核心には触れなかった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集