[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ツール・ド・フランスの“肘打ち落車” 現役選手が擁護「あれは故意ではない」

クックはサガンの無罪を主張「間違った決定。肘を使うことはよくある」

 まずは、2003年のツール・ド・フランスでポイント賞を獲得したバーデン・クック(オーストラリア)のツイートを紹介している。

「サガンを母国に送還させたことは間違った決定だった。あれは故意ではない。自分自身の落車を防ぐためにスペースを作るために肘を使うことはよくあるんだ」

 クックはサガンの無罪を主張した上で「彼が失格になるべきとは私は考えない」と再度ツイート。ハッシュタグで「サガンゲート(サガン事件)」と添えるなど、大会側の処分に疑問を呈している。

 一方、元ロードレーサー、イェンス・フォイクト(ドイツ)はクラッシュ発生に別の選手に原因があった持論を展開。米テレビ局「NBCスポーツ」の中継の発言を紹介する形で「(フォイクトは)この連鎖反応が最終的な勝利者となったアルノー・デマールが引き起こしたと指摘している」と報じた。

 そして、特集では“被害者”となったカベンディッシュのラストスパートにも疑問を呈している。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集